ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

【2015日立環境月間】
しょうゆで自然とつながろう/霞ヶ浦周辺環境再生事業

2015年6月27日

  • 人づくり
  • 環境
  • 地域貢献
  • ボランティア支援

日立化成は、茨城県牛久市の畑で、2012年より認定NPO法人アサザ基金と協力して、「しょうゆで自然とつながろうプロジェクト」を実施しています。
霞ヶ浦の伝統産業であるしょうゆづくりを通して、霞ヶ浦と流域の環境再生、地域活性化を目指すプロジェクトです。2015年は、これまで再生してきた牛久市の耕作放棄地を引き続きお借りして「しょうゆで自然とつながろう2015」プロジェクトを実施。1回目の今回は、畑でとれたそばからつくる「そば打ち」と、柴沼醤油醸造株式会社さんとのコラボレーションでいずれ醤油となる「大豆の種まき」を行い、30名の皆さんがボランティアで参加しました。
子どもたちは畑に常設しているビオトープの生き物を観察したり、畑にはえているゴボウの実で遊んだり、とんぼを捕まえたりと、自然を満喫しました。今後は霞ヶ浦へのアサザ植え付け、大豆の収穫などを予定しています。自然にふれながら、生物がすみやすい社会を考えるこの活動を今後も継続していきます。

6月27日の活動の様子

6月27日の活動の様子

事業所・グループ会社 日立化成 (本社)
主催 日立化成
場所 茨城県牛久市
  • CSRへの取り組み
  • 日立グループ環境への取り組み
  • [画像]日立キッズサイト
  • [画像]日立財団
  • [画像]財団ニュースレター(日立の財団)