ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

「生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス」展にて開催された電子顕微鏡セミナー・体験学習に協力

2014年11月22日~23日

  • 人づくり

日立ハイテクノロジーズは、2014年11月22日~23日に千葉県立現代産業科学館で開催された「生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス」展において、同展に併設されたナノスーツ法電子顕微鏡体験学習に、日本顕微鏡学会とコラボレーションして協力しました。

体験学習は小学生を対象にして、当社の卓上顕微鏡 Miniscope® TM3030を用いて、毛糸や花粉など身近なもののミクロの構造や、ナノスーツ法により生物が生きたまま動く様子を観察しました。また、光学顕微鏡でタマムシや花粉などを観て電子顕微鏡との違いを体験していただき、2日間で100名を超える参加者に電子顕微鏡を知っていただくことができました。

光学顕微鏡体験の様子

また、同時開催の市民講演会 「電子顕微鏡が拓くバイオミメティクス」では、蚊の口を模倣した痛くない注射針に代表されるバイオミメティクスが紹介され、当社からも「電子顕微鏡ってなあ~に」と題し、電子顕微鏡の仕組みを講演しました。

電子顕微鏡体験の様子

付添いの保護者からも講師に質問をする風景が多く見られ、「理科の先生でも滅多に操作することのない装置について学習することができた」などと好評を頂きました。

事業所・グループ会社 日立ハイテクノロジーズ
場所 千葉県立現代産業科学館
  • CSRへの取り組み
  • 日立グループ環境への取り組み
  • [画像]日立キッズサイト
  • [画像]日立財団
  • [画像]財団ニュースレター(日立の財団)