ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

【日立サイエンス・セミナー】
「本川先生の特別講演~ゾウの時間ネズミの時間~」を実施

2014年8月2日

  • 人づくり

2014年8月2日、東京都千代田区にある科学技術館において、昨年に引き続き、東京工業大学名誉教授である本川達雄先生を講師としてお招きし「本川先生の特別講演~ゾウの時間ネズミの時間~」を開催しました。サイエンス友の会(※)会員の小学4年生から中学1年生の30名、およびその保護者16名、計46名が参加しました。

画像

東京工業大学名誉教授 本川達雄氏

今回は本川先生の著書でありベストセラーでもある「ゾウの時間ネズミの時間」について、お話いただきました。動物は大きさによって心拍のスピードや呼吸のスピードも違うことも教えていただき、心臓の音がスピーカーを通して聞こえる心音マイクもつかって、実際に心臓の音も聞きました。先生が作詞作曲した歌も二曲歌ってくださり、楽しく学びました。

参加した子どもたちからは
「先生の歌がすごくおもしろかったです。」
「どんな動物でも一生はだいたい同じ心拍数だったことがびっくりしました。」
「体の大きさで呼吸の早さが違うのはおもしろいな、と思いました。」
「長生きするゾウのほうがいいと思っていましたが、ゾウもネズミもどちらもいいと話をきいて思いました。」
などの感想が寄せられました。

画像

左:会場の様子 右:心音マイクを使って音を聞く体験

本川先生からのメッセージ

理科を学ぶ最も大切な点は、自然を観察して考えることを通して、自然の見方を身につけることです。今回、時間の見方を学ぶことにより、ゾウやネズミを見る目が変わったと感想を述べてくれましたが、ここが大切なところ。ちゃんと私のメッセージを受け止めてもらえて、うれしい限りです。

2014年度の日立サイエンス・セミナーは本川先生の特別授業を皮切りに、日立グループで全7回を実施する予定です。 

  • 科学技術館が運営している小学3年生から高校3年生までの会員制の組織。子どもたちの「科学する心」を育て、「創る喜び」を体験してもらうことを目的として、工作教室や実験教室、自然観察教室などさまざまな体験学習を開催している。
事業所・グループ会社 日立製作所
講師 東京工業大学名誉教授 本川達雄氏
場所 科学技術館
参加人数 科学技術館サイエンス友の会(※)会員30名(小学4~6年生、中学1年生)、保護者16名
  • CSRへの取り組み
  • 日立グループ環境への取り組み
  • [画像]日立キッズサイト
  • [画像]日立財団
  • [画像]財団ニュースレター(日立の財団)