ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

社会貢献イブニング講座:第20回
「チャリティ上映第1弾『バレンタイン一揆』〜児童労働をなくすために私たちができること〜」

2014年2月5日

  • 人づくり
  • 地域貢献
  • ボランティア支援

世界では、約1億6800万人もの児童労働者がいるといわれています(国際労働機関2013年発表)。児童が教育を受けるということは、世界では決してあたりまえのことではなく、私たち自身のより安い物を買い求める行動が、児童労働に加担しているかもしれないという現実につながっています。

画像

会場の様子

今回は世界の児童労働の現状と私たちとの見えないつながりを知り、個人として何ができるか、企業として人権問題にどう取り組んでいくべきかを考えるため、初めてのチャリティ上映として、児童労働に関するドキュメンタリー映画「バレンタイン一揆」を上映しました。また、上映に加えて、同映画を製作した特定非営利活動法人ACEの代表である岩附氏をお招きし、児童労働の問題やビジネスとサプライチェーン、フェアトレードなどについてもお話しいただきました。

ドキュメンタリー映画「バレンタイン一揆」

この映画は、特定非営利活動法人ACEの設立15周年事業として、多くの人に児童労働の問題を身近に感じて考えてもらうために2012年に製作されました。普通の女子高・大学生たちがガーナへ行き、カカオ農園で働き学校に通うことができない子どもたちの現実や児童労働の問題と向き合い、考え、奮闘した物語です。
「バレンタイン一揆」とは『大切な人へのプレゼントだから、生産者のことも大切にしたフェアトレードチョコをみんなで買いに行こう!』を合言葉に、みんなで一斉にフェアトレードチョコレートを買いに行くというイベントです。実際にガーナへ行き、カカオ農園で働いていた男の子の話やカカオ農園での過酷な作業の体験、またACEのプロジェクトにより学校に通えるようになった子ども達の笑顔を通して、彼女たちは自分たちができることを考え「バレンタイン一揆」を計画します。少しでも多くの人に児童労働の問題やフェアトレードのことを知ってもらえるように、小さいけれど大きくもある一歩を踏み出す彼女たちの等身大の姿は、私たちにも何かアクションができるのではと気づかせてくれました。

画像

映画「バレンタイン一揆」

あたりまえを世界の子どもに ~ACE代表 岩附由香 氏~

ACEは、児童労働の撤廃や予防に取り組んでいる認定NPO法人です。「子どもの権利が守られ、すべての子どもが希望を持って安心して暮らせる社会」をめざし、1997年に岩附氏を中心とした学生5人によって立ち上げられました。
ガーナのカカオ農園やインドのコットン生産地の子どもたちを危険な児童労働から守り教育を支援するプロジェクトのほか、売上の一部が寄付となる商品販売や企業との協働、児童労働やCSR調達に関しての講演を行うなど、現地や日本を動かす原動力として活動されています。

画像

ACE 代表 岩附由香 氏

はじめに日立製作所 CSR・環境戦略本部 担当部長 小林より日立グループの人権に関する取り組みを紹介し、映画の上映前と後に岩附氏よりお話いただきました。

児童労働と私たちの見えないつながり

チョコレート消費国世界第6位の日本に輸入されているカカオ豆のうち、約8割がガーナで作られています。また、インドで生産されているコットンを使用した物は他の国を経由して日本に輸入されています。実は私たちが身近に食べたり使ったりしているものが児童労働で成り立っているかもしれないということです。
児童労働の要因として、現地の供給側は貧困などの事情により子どもを労働へ押し出す親・家庭があり、学ぶ環境が整っていないことや「子どもは働いてあたりまえ」という考え、また需要側は子どもの労働によって支えられている経済・ビジネスが成り立ってしまっている現状(価格抑制とコスト削減→大人の労働者の低賃金・低収入→家庭の貧困→児童労働という悪循環)などが挙げられます。ACEはこれらの要因を解決するため、現地では貧困からの脱却や子どもの教育支援などのプロジェクトを実施し、日本では消費行動や企業行動を変えようと、フェアトレードやソーシャルビジネスの推進のほか、啓発のためのワークショップなどの活動も行っています。
また、森永製菓(株)の商品売上の一部が寄付となる『1チョコ for 1スマイル』の支援パートナーとなり、2014年1月にはACEが支援している地域のカカオ豆を使用した、大手企業としては日本初の国際フェアトレードチョコレートの販売が実現しました。大手スーパーなどで誰でも購入することができます。

ACE WEBサイト 森永製菓(株)『1 チョコ for 1 スマイル』キャンペーンとの連携
森永製菓(株) WEBサイト 『1チョコ for 1スマイル』

ビジネスと人権

日本の企業では児童を直接雇用していることはほとんどないに等しいのですが、サプライチェーンの委託企業先などで実は児童労働問題がある場合もあります。日本企業は総じてサプライチェーンのビジネスリスクに対してのレベルが低く、サプライチェーンの労働管理について“情報開示していない”と見られている現状があります。ブランド価値が重要視される中、その価値を下げないためにも、サプライヤーでの児童労働発覚などのリスク最小化の積極策が人権デューディリジェンス(※)であり、CSR調達であるのだと思います。
ACEは日本企業の共通課題としてCSRを意識した経営が重要だと考え、CSRレビュー(サプライチェーンに児童労働がないかのチェック)など、企業と協働したプロジェクトも実施しています。

  • 事業上の人権への影響を特定して評価、対応し、負の影響に対して防止・軽減、救済の措置を講じて、その効果を継続的に検証・開示すること (国連「ビジネスと人権に関する指導原則」)

事務局より

今回は参加費をひとり500円とし、事務局も合わせ日立グループ従業員57名分 合計28,500円を同団体が行っているスマイル・ガーナプロジェクト(ガーナのカカオ生産地で、子どもたちを危険な児童労働から守り教育を支援するプロジェクト)へ寄付することができました。またご講座終了後にはフェアトレードチョコレートの販売会も行い、売り切れる商品がでるほど大盛況でした。

寄付額: 30,100円
チョコレート売上: 72,255円

画像

左:フェアトレードチョコレート販売会の様子
右:日立製作所 社会貢献部 部長 床波より寄付金を進呈

画像

ACEよりいただいた感謝状

岩附氏からのメッセージ

後日、岩附氏より参加者あてに以下のようなメッセージをいただきましたのでご紹介いたします。

画像

ACE代表 岩附由香氏

  • 2014年2月5日にいただいたメッセージです。ご了承ください。

社会貢献イブニング講座にご参加いただいたみなさま、関心を持って下さったみなさまへ

2/5、バレンタイン一揆上映会と講演会にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
ご寄付を頂戴しただけでなく、チョコレートも売りきれるほど買っていただき、ACEの活動に共感・応援いただけたこと、とても嬉しかったです。

アンケートにもたくさんの感想、メッセージをいただきました。
その中にあった40代男性の感想が私の心に残りました。

「ただただ考えさせられました。それでも小さなことでもいいので動くことが必要なのだと思いました」

本当にそうだと思います。児童労働の問題をどう解決するのか、私たちも考え、行動し16年。
大きな失敗や小さな成功の積み重ねが、日本の大手チョコレートメーカー初のフェアトレードチョコレート(しかも、ACEが子どもの支援をしている地域のカカオを使っています!)を生み出すことができたと思います。

他にも:
「カカオ農園の現状を知ることができてよかった」
「自分ができること、企業としてできること、すごく考えました」
「子どもたちの笑顔はおとなたちの希望につながると思った」
「やや詰め込み過ぎだったけど、熱意が伝わりました」 など
たくさんのメッセージを頂き、貴重な時間をみなさんと共に過ごし、考えられたことに感謝いたします。

いよいよバレンタインデーが近づいてきました。
ACEでは、学生たちと「バレンタイン一揆2014」と題し、フェアトレードを広めるムーブメントを起こしています。フェアトレードチョコレート、どんなものがあるのかわからない、どこに売っているのかわからない!という方、ぜひ下記サイトで、お近くで売っている場所を探して下さい。この週末は恵比寿三越、新宿丸井などでもフェアトレードチョコの販売をします。(私も2/9恵比寿三越に立ちます)。 バレンタインをきっかけに、世界1億6800万人の学校にも行けず、働かざるを得ない子どもたちがいることに、少しでも光をあて、チョコを買うという身近だけれども具体的な方法でその解決に参加してもらえたら嬉しいです。

みなさんのバレンタインが愛にあふれるものになりますように!

バレンタインデーは“ほんとうに愛のあるチョコレート”を
「バレンタイン一揆2014」キャンペーン実施中
http://acejapan.org/valentine/

認定NPO法人ACE 代表 岩附由香

日立グループの人権に関する取り組み

日立グループも人権に関する取り組みをしています。「日立グループ人権方針」に基づき、グループの社員はもとより、グループの事業活動や製品・サービスを通じて関係するすべての人の人権の尊重をめざしています。

日立グループ人権方針
日立製作所 CSRへの取り組み: 人権の尊重

連絡先

特定非営利活動法人 ACE
〒110-0015
東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3階
TEL:03-3835-7555 FAX:03-3835-7601

ACE WEBサイト
ACE オンラインショップ
(フェアトレードチョコレートなど購入できます)

事業所・グループ会社 日立製作所
講師 特定非営利活動法人 ACE 代表 岩附 由香 氏
場所 日立製作所 秋葉原ダイビル 18階大会議室
  • CSRへの取り組み
  • 日立グループ環境への取り組み
  • [画像]日立キッズサイト
  • [画像]日立財団
  • [画像]財団ニュースレター(日立の財団)