ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

日立は、世界的なSRI(社会的責任投資)格付評価会社であるRobecoSAM社が発表した「サスティナビリティ・イヤーブック2017」において、2017年の「Bronze Class」(銅賞)に選定されました。日立の選定は2011年、2015年、2016年に続いて4回目となります。

RobecoSAM社は、世界を代表するSRI指標である「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI) 」の調査・分析を実施する会社で、毎年、世界の約2,500社を「経済」、「環境」、「社会」の持続可能性の側面から総合的に評価しています。今回は各業界の格付けトップ15%の企業に対して、「Gold Class」(金賞)77社、「Silver Class」(銀賞)83社、「Bronze Class」(銅賞)107社を選定しています。日立は創業以来、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」ことを企業理念とし事業を行ってきました。今後も多様なステークホルダーとのコミュニケーションを通じて社会・環境面でのグローバル社会の期待を正しく理解し、それらを経営に反映させることによって、サステナブルな社会の実現をめざします。

RobecoSAM Sustainability Award Bronze Class 2017