ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

日立製作所は、このたび、国連が提唱するグローバル・コンパクトへの参加を表明し、去る2月27日に正式加盟しました。

グローバル・コンパクトは、1999年1月にスイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの席上、当時の国連事務総長コフィー・アナン氏が提唱した国際的なイニシアチブです。企業のリーダーに参加を呼びかけ、国連機関、市民社会とともに人権、労働基準、環境の分野において、提示された原則を支持しつつ、持続的社会の実現に向けた活動を促すというもので、2000年7月のニューヨーク国連本部で正式に発足しました。その後、2004年6月には10番目の原則として腐敗防止に関する項目が追加され、現在の10原則となっています。本イニシアチブは、国連がはじめて、民間企業に対して、直接提唱したもので、これまでに129カ国、約6,700の団体が加盟しています。最近では、欧州を中心として、公的機関発注の入札要件にグローバル・コンパクトへの加盟の有無を問う動きも見られるなど、ビジネスの場においても影響が広がり始めました。

日立が今後もグローバル企業として成長し続けるためには、その礎となる企業基盤も、国や地域の法律・ルールを越え、国際的に認知されたグローバル・スタンダードを充たしたものである必要があり、グローバル・コンパクトの10原則を尊重し、実現していくことが経営基盤の強化に繋がると考えています。

グローバル・コンパクトの10原則

人権

  • 【原則 1】企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
  • 【原則 2】人権侵害に加担しない。

労働基準

  • 【原則 3】組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
  • 【原則 4】あらゆる形態の強制労働を排除する。
  • 【原則 5】児童労働を実効的に廃止する。
  • 【原則 6】雇用と職業に関する差別を撤廃する。

環境

  • 【原則 7】環境問題の予防的なアプローチを支持する。
  • 【原則 8】環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
  • 【原則 9】環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。

腐敗防止

  • 【原則10】強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。