ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

  1. サイトトップ
  2. 継続的なCSR活動報告
  3. 労働慣行
  4. 役員メッセージ

ダイバーシティ&インクルージョンを進め、多様な人財が力を発揮できる環境をつくります

中畑 英信 株式会社 日立製作所 執行役常務 CHRO兼人財統括本部長
中畑 英信
株式会社 日立製作所 執行役常務
CHRO兼人財統括本部長

「IoT時代のイノベーションパートナー」をめざす日立は、人財と組織のパフォーマンスを最大化するため、日立全体でグローバル人財マネジメント戦略を展開しています。
中でも「ダイバーシティ&インクルージョン」を重要な戦略と位置づけ、多様な人財が活躍できる環境づくりを行っています。その試金石として近年取り組んでいる、国内女性人財の活用促進に向けた活動は着実に成果を上げており、2013年3月には経済産業省による「ダイバーシティ経営企業100選」、2017年3月には経済産業省と東京証券取引所による「なでしこ銘柄」に日立製作所が4年連続で選定されるなど、社外からも高い評価を得ています。
また、日立は、お客様や社会の課題を解決し、人々の生活の質(Quality of Life)の向上に貢献する社会イノベーション事業をグローバルに展開しています。多様化、複雑化が進むお客様や社会の課題を解決するためには、多様な価値観を有する人財が結集することが必要であり、日立はさまざまな人財が力を発揮できる就業環境の整備に取り組んできました。2016年12月より、働き方改革の全社運動「日立ワーク・ライフ・イノベーション」を開始し、その動きを加速させています。
今後もグローバル人財マネジメント戦略を推進し、多様な人財の力を経営に活かし、社会イノベーション事業を通じて社会に貢献していきます。

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。