ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

日立グループは、多岐にわたる事業活動とITを融合させ、人類が抱える地球環境問題や社会課題の解決をめざしています

ITによる融合

高度なネットワーク技術、ストレージ技術、クラウドなどのITは、社会インフラや製品、人を結びつける役割を果たします。社会やお客様がもつ課題に、最適なソリューションを提供します。

健康・高齢化課題

世界的に進行する高齢化に対処するため、健康を維持・向上させる医療に関連するソリューションを提供しています。早期治療につながる診断・検査装置のほか、医薬品製造装置を提供し、安全で効率的な医薬品の供給に貢献しています。

ヘルスケア

超音波診断装置や、高度医療に利用されるMRI、粒子線治療システムなどの研究開発を行い、医療のイノベーションに貢献しています。

写真
自動分析装置 (日立ハイテクノロジーズ)

環境・エネルギー課題

日立は、「持続可能な社会」を環境経営のめざすべき将来像とする環境ビジョンを掲げています。この重要な柱の一つである「地球温暖化の防止」は、事業を通じてCO2排出量を抑制することで貢献します。

省エネルギー製品・システム

エネルギー消費の少ない製品・サービスを提供して、社会全体のCO2排出量削減に貢献しています。

発電システム

風力・太陽光発電など自然エネルギーの活用を進めています。また、発電システムの効率化によってCO2排出量を抑制しています。

写真
株式会社 ウィンド・パワー・いばらき
ウィンド・パワーかみす第1洋上風力発電所

生物多様性問題/水・資源課題

生物多様性を損なわず、次の世代に残していくためには、多様な生物が生きる場所である生態系を保全していくことが必要です。大気、水、土壌をクリーンにする事業を通じて、生態系の保全に貢献しています。

<事例紹介>

水環境ソリューション

汚れた水をきれいにする、海水を淡水化するなど、さまざまな水環境ソリューションにより、限りある水の使用効率を向上させています。

写真
逆浸透膜法海水淡水化装置 (日立製作所)

都市・交通課題

人口が集中する都市や、十分なインフラの整備が難しい島嶼地域などの安全性・快適性を向上させるため、経済活動を支える安全で高速な交通網、自然エネルギーをはじめ多様な電源に対応する安定性の高い効率的な電源と送電網、安全な水を安定供給する上下水道など、地域に最適なインフラを提案しています。

<事例紹介>

スマートシティ

安全・安心・便利さを高度に整合させる新しい都市の形を世界中で提案するとともに、規格の標準化にも取り組んでいます。

安心・安全なビルシステム

エレベーターの安全運行・予防保全技術や、入退室管理システムなど、高度なセキュリティシステムを提供しています。

高度な交通システム

環境負荷を下げ、道路の渋滞解消に貢献する、安全かつ便利な鉄道システムや道路交通情報システムなどを提供しています。

写真
英国の鉄道保守 (日立レールヨーロッパ社)