ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

安全で安心な社会づくり。今、その実現が強く求められています。ビジネスや生活におけるセキュリティニーズにより一層応えるために、日立は2005年4月、「日立セキュリティプロジェクト」を立ち上げ、「ビジネスの情報」「毎日のくらし」「社会の安全」の3つの視点から、総合セキュリティソリューションを提供することで、「安全・安心な社会」の実現をめざしています。

情報の安全・安心を確保


指静脈認証システムを適用したATM

最近、個人情報の流出や重要データの漏えいが大きな社会問題となっています。情報を守るには、情報システムだけでなく、情報を扱う場所や人、使用済み文書までトータルに管理する必要があります。また情報やお金のやりとりがネットワークを介して行われる現在、本人かどうか本物かどうかを見分ける技術が重要となっています。日立では生体認証技術である「指静脈認証システム」を開発しました。これは、指に近赤外線を当てて一人とりの静脈のパターンを読み取り、本人確認を行うものです。指紋や顔、声などに比べて、身体内部の静脈を“カギ”にするシステムは、コピーされにくく安全度が高いといえます。すでに、入退室管理や多くのATM(現金自動取引装置)に採用されています。
また、紛失したPCそのものからの情報流出を防ぐため、ハードディスクを内蔵しない「セキュリティPC」を開発しました。日立社内においても情報セキュリティ方針に基づいて順次適用しています。そのほか、情報そのものを守る暗号システムや、文書の転載やコピーを防ぐ「電子透かしシステム」など、トータルな情報セキュリティシステムを開発しています。
日立グループはこれからも、総合力を発揮しながら、安全・安心な社会づくりに貢献していきます。

安全・安心を実現する日立のソリューション

(2006年7月掲載)