ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

  1. サイトトップ
  2. 継続的なCSR活動報告
  3. 環境
  4. 自然共生社会の実現
  5. 生態系の保全

生態系と企業のかかわり

企業は、繊維や木材などの原材料の供給や、大気・水・土壌の質や量の調整といった「生態系サービス」に依存しています。生態系から受ける恵みである生態系サービスを維持・回復するために、日立では「事業」と「自然保護に関する社会貢献活動」の両面から、生態系の保全に貢献できると考えています。
このうち事業を通じた貢献としては、製品のライフサイクルにおける生態系への負荷を軽減する設計・生産活動を推進するとともに、水の浄化など、直接的に生態系を保全する製品・サービスを提供しています。化学物質の管理についても、生態系の保全活動の一環と位置づけ、継続的に適正管理に努めています。また、自然保護に関する社会貢献活動では、従業員のボランティア活動による植林や希少生物の生態調査など、生態系の保全につながる活動を推進しています。

生態系と企業のかかわり

生態系は企業に対して、原材料(繊維・木材など)や水の供給・調整といった生態系サービスを提供し、企業は生態系に依存した生産活動を行っています。企業は生態系に対して、マイナスの影響の抑制(生態系への負荷を軽減)として、事業活動時に生じる生態系への負荷を軽減、また、プラスの影響の増大(生態系の保全への貢献)として、生態系を保全する製品・サービスの提供といった事業を通じた貢献や、自然保護に関する社会貢献活動を行っています。

生態系の保全の取り組み

日立では、生態系の保全を促進する具体的な活動内容を明示した「生態系保全活動メニュー」を2016年度に新たに作成し、各事業所での取り組みを推進しています。この活動メニューは、2010年度から取り組んできた従来のアセスメント項目に社外の企業や団体で実施している先進的な活動項目を加えたもので、バリューチェーンを含む企業活動全体におよぶ116項目から構成されています。メニューから、事業所ごとに活動を開始する項目を選択し、合計件数を生態系保全活動の目標として設定しています。2016年度の新規活動件数は目標30件に対して実績144件でした。
また、長期的には、事業活動による生態系への負荷(負のインパクト)の最小化と自然保護に関する社会貢献活動や生態系を保全する製品・サービスの提供(正のインパクト)を通じて、自然資本へのインパクトを最小化し、自然共生社会を実現することをめざしています。
インパクト評価などを含む生態系保全の評価方法については、グループ内で検討するとともに、電機・電子4団体*1の生物多様性ワーキンググループや一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)など社外での活動にも参加し、検討を進めています。

*1
電機・電子4団体:一般社団法人日本電機工業会(JEMA)、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)

生態系保全活動メニュー概要

生態系保全活動メニュー概要
区分 活動例 項目数
事業所 生産 再利用ができない資源利用量の低減 4
輸送 生態系に配慮した梱包材の使用 7
回収・廃棄・リサイクル 製品含有有害物質の削減 2
製品企画・開発・設計 研究開発時に、製品のライフサイクルにおける生物多様性への影響を推計し、必要に応じて、軽減策を実施 3
敷地管理 在来種の採用、ビオトープの設置 17
水利用 雨水の利用 1
バリューチェーン 出資・買収 出資・買収判断時に生物多様性への影響を確認し、影響を最小限にするための施策を実施 1
新規進出・拡張 投資判断基準に生物多様性への配慮を盛りこむ 1
事業開発 水、空気、土壌を浄化する製品・サービスの開発・事業展開 1
調達 生物多様性に配慮していることが確認された紙など事務用品の優先調達 17
輸送 海上輸送におけるバラスト水に関する対策を実施 2
販売 “生物多様性に配慮した製品”の拡販活動の実施 9
回収・廃棄・リサイクル 部品のリユース・リサイクル 7
バリューチェーン全体 再生可能エネルギーの導入促進 1
コミュニティ コミュニケーション 従業員による社外活動の推進 3
社会貢献 砂漠緑化、植林や森林育成活動の実施 12
流域生態系に配慮した水利用 取水 生物相の観測または情報収集(取水量による生態系への影響) 14
排水 生物相の管理指標の設定、観測(生息生物種・個体数) 14

今後の取り組み

2017年度は、「生態系保全活動メニュー」の新規実施件数150件を目標として、グループ全体でさらなる生態系保全活動を推進していきます。

生態系保全活動の事例

日立グループの森づくり活動

日立グループでは、林野庁の「法人の森林」制度を利用し、複数の箇所で従業員および従業員の家族とともに森林保護活動を行っています。

「悠々の森林(ゆうゆうのもり)」(日立パワーソリューションズ)

日立パワーソリューションズでは、茨城県北部の高萩市にある 「悠々の森林」で、2007年から植林活動を行っています。毎年、従業員とその家族が山に集まり、茨城森林管理署、高萩市森林組合から指導を受けながら、植樹、下刈り、枝打ちなどの森林整備活動のほか、環境教育や間伐材を利用した工作教室を行うなど、従業員と家族が一緒になって楽しみながら森づくりを進めています。

  • 植樹面積:10ha
  • 植樹した本数:31,510本
  • 延べ参加人数:2,016人

「日立ハイテクやさとの森」(日立ハイテクノロジーズ)

日立ハイテクノロジーズでは、茨城県南部の石岡市にある「日立ハイテクやさとの森」で2005年から60年計画で育林活動に取り組んでいます。森を育てるために行う枝打ちや除伐などの作業に、従業員とその家族が参加しています。

  • 植林面積:2.32ha
  • 植樹した本数:5,600本
  • 延べ参加人数:1,387人

マングローブの種苗集めと植林活動(日立ターミナルメカトロニクスフィリピン)


マングローブ植物の種の採取

日立ターミナルメカトロニクスフィリピン(HTMP)では、2016年6月に工場のあるスービックベイ経済特別区に残されているマングローブの保護・育成のため、事前にマングローブ植物の種の採取を行い、その種から育成した883本の苗を植林しました。
フィリピンにおいても、マングローブの森は貴重な自然であると同時に、保護が必要な脆弱な生態系です。以前から植林活動を行ってきましたが、2016年度からは、マングローブ植物の種の採取、苗の育成に活動を広げました。HTMPではこれからも生態系保全活動を積極的に行っていきます。

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。