ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

  1. サイトトップ
  2. 継続的なCSR活動報告
  3. 環境
  4. 環境マネジメントの継続的強化
  5. バリューチェーンにおける環境負荷

バリューチェーンを通じた温室効果ガス排出量の算定

日立は、バリューチェーン全体を通じた温室効果ガスの排出量を算定し、効果的な削減に取り組んでいます。特に、全体に占める割合が多い、販売した製品の使用に伴う排出量については、製品・サービスの高効率化や省エネルギー化により、使用時CO2排出削減を推進することで、継続的な低減を行っています。

バリューチェーンにおける温室効果ガス排出量算出のカテゴリー

事業者自らによる温室効果ガスの直接排出であるSCOPE1は、自社での直接排出となります。 他者から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出であるSCOPE2は、発電所などエネルギー起源の間接排出となります。 SCOPE1、2以外の間接排出(事業者の活動に関連する他者の排出)はSCOPE3:上流(1から8)とSCOPE3:下流(9から15)で構成されます。 SCOPE3:上流は次の内容です。調達先事業者などの「1.購入した製品・サービス」から、輸送事業者の「4.輸送、配送(上流)」を通しての自社への流れ、建設企業など「2.資本財」の施設・設備から自社への流れ、資源の採掘事業者など「3.SCOPE1、2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動」から、発電所などの電気・熱を通しての自社への流れ、自社の廃棄物から、廃棄物処理業者「5.事業から出る廃棄物」の流れ、交通事業者など「6.出張」と「7.雇用者の通勤」から自社の流れ、リース事業者「8.リース資産(上流)」から自社の流れとなります。 SCOPE3: 下流は次の内容です。自社から、輸送事業者「9.輸送、配送(下流)」を通して、中間製品の加工者「10.販売した製品の加工」および製品・商品の使用者「11.販売した製品の使用」への流れ、中間製品の加工者「10.販売した製品の加工」から、製品・商品の使用者「11.販売した製品の使用」を通して、廃棄物処理業者「12.販売した製品の廃棄」の流れ、自社から、リースした資産の使用者「13.リース資産(下流)」、フランチャイズの加盟者「14.フランチャイズ」、投資先の事業者「15.投資」の流れとなります。

  • 自社:事業者の組織境界の範囲で、原則として自社(法人など)および連結対象事業者など、事業者が所有または支配するすべての事業活動の範囲
  • 上流:原則として購入した製品やサービスに関する活動
  • 下流:原則として販売した製品やサービスに関する活動

日立におけるバリューチェーンを通じた温室効果ガス排出量

SCOPE1*1
カテゴリー算定対象算定結果(万t-CO2
直接排出自社での燃料の使用や工業プロセスによる直接排出136[1.1%]
SCOPE2*2
カテゴリー算定対象算定結果(万t-CO2
エネルギー起源の間接排出自社が購入した電気・熱の使用に伴う間接排出255[2.1%]
SCOPE3(その他の間接排出)上流
カテゴリー算定対象算定結果(万t-CO2e)
1 購入した製品・サービス原材料・部品、仕入商品・販売にかかわる資材などが製造されるまでの資源採取段階から製造段階までの活動に伴う排出 692[5.5%]
2 資本財自社の資本財(設備、機器、建物、施設、車両など)の建設・製造および輸送から発生する排出 109[0.9%]
3 SCOPE1、2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動他者から調達している電気や熱などの発電などに必要な燃料の調達(資源採取、生産および輸送)に伴う排出 23[0.2%]
4 輸送、配送(上流)原材料・部品、仕入商品・販売にかかわる資材などが自社に届くまでの物流および自社が費用を負担する製品の輸送に伴う排出 10[0.1%]
5 事業から出る廃棄物自社で発生した廃棄物の輸送、処理に伴う排出 11[0.1%]
6 出張従業員の出張に伴う交通機関における燃料・電力消費から発生する排出7[0.1%]
7 雇用者の通勤従業員が事業所に通勤する際の移動に伴う交通機関における燃料・電力消費から発生する排出 6[0.0%]
8 リース資産(上流)自社が賃借しているリース資産の操業に伴う排出(SCOPE1、2で算定する場合を除く)SCOPE1、2に含めて算定
SCOPE3(その他の間接排出)下流
カテゴリー算定対象算定結果(万t-CO2e)
9 輸送、配送(下流)製品の輸送、保管、荷役、小売に伴う排出 1[0.0%]
10 販売した製品の加工事業者による中間製品の加工に伴う排出 対象外*3
11 販売した製品の使用*4 使用者(消費者・事業者)による製品の使用に伴う排出 11,094[89.5%]
12 販売した製品の廃棄*4 使用者(消費者・事業者)による製品の廃棄時の輸送、処理に伴う排出 31[0.3%]
13 リース資産(下流)自社が賃貸事業者として所有し、他者に賃貸しているリース資産の運用に伴う排出 3[0.0%]
14 フランチャイズフランチャイズ加盟者における(SCOPE1、2の)排出 対象外
15 投資投資の運用に関連する排出 10[0.1%]
合計
カテゴリー算定対象算定結果(万t-CO2e)
合計12,388[100%]
[ ]
バリューチェーン全体のGHG排出量に占める比率
*1
SF6、PFC、HFC、N2O、NF3、CH4を含む。ガスおよび燃料の換算係数は、環境省まとめの「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」を使用
*2
CO2排出量の算出に使用したCO2電力換算係数は、CO2 EMISSIONS FROM FUEL COMBUSTION(2010年度版:国際エネルギー機関(IEA))の、2005年の国別換算係数を使用
*3
加工形態を特定できないため
*4
CO2原単位は国立研究開発法人産業技術研究所と一般社団法人産業環境管理協会が開発したIDEA(Inventory Database for Environmental Analysis)を使用

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。