ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

環境教育の推進

環境活動を活性化していくためには、従業員の環境に対する意識の向上、理解の促進が必要であり、日立では環境教育を推進しています。新入社員から実務者に至る日立グループすべての従業員を対象に、基礎教育のほか、環境リスク、環境関連の法律遵守などに関する日立グループ研修を実施しています。

活動と実績

日立では、大気・水質・廃棄物管理などにかかわる実務者を対象に、基礎教育とともに法令の改正内容、実務手引きなどに関する研修を実施しています。日本以外の実務者向け研修も強化しており、2016年度はタイ・アユタヤ(2017年2月開催)での研修に9社21人、中国・アモイ(2017年3月開催)では37社57人が参加しました。
また、ISO14001:2015年版への対応を3年間の移行期間内に完了させるため、日立グループの内部監査員を対象に改訂説明会を開催しています。2016年度の説明会には日本国内(2016年6、8月開催)で43社99人、中国・南京(2016年9月開催)で49社74人、米国・ダラス(2016年6月開催)で15社16人が参加し、改訂内容に対する理解を深めました。日立グループ研修以外では、グループ会社などでも事業特性に即して独自の教育を実施しています。一般教育では、「環境ビジョン」と環境長期目標「日立環境イノベーション2050」の浸透を目的として、インターネットによる教育プログラムのeラーニングを実施しています。日本語、英語、中国語の3カ国語に対応し、国内外で14万2,012人が受講しました。

環境教育体系

全社員を対象とした一般教育には、入門から初級レベルの「新人導入教育」、「eラーニング:エコマインド教育(基礎編 世界の環境問題、環境法規制など)」、初級から中級レベルの「eラーニング:エコマインド教育(日立グループ編 環境活動方針、環境行動計画など)」があります。実務者を対象とした専門教育には、入門から初級レベルの「実務者のための環境マネジメント基礎講座(廃棄物、大気/水質、有害物質管理など)(マネジメントシステム構築・運用など)」、初級から中級レベルの「エコファクトリー教育」、「エコプロダクツ教育」、「リスクコミュニケーター教育」があります。環境内部監査員を対象とした専門教育には、中級から上級レベルの「ISO14001環境監査員ブラッシュアップ教育」、中級レベルの「ISO14001環境監査員認定教育」、上級レベルの「ISO14001主任環境監査員認定教育」があります。

今後の取り組み

2017年度以降も、引き続き工場の実務者向けの教育をグローバルで実施し、実務担当者の知識と能力の向上を図っていきます。また一般教育のeラーニングの受講期間が3年間のため、引き続き「環境ビジョン」と「日立環境イノベーション2050」の浸透を目的に受講を推進していきます。

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。