ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

  1. サイトトップ
  2. 継続的なCSR活動報告
  3. 環境
  4. 環境マネジメントの継続的強化
  5. 環境コンプライアンス

環境コンプライアンスへの対応

日立は、事業活動による環境への影響を考慮し、法規制よりも厳しい自主管理基準を設定して環境管理の徹底に努めています。また各事業所で、水質や騒音などを定期的・継続的に測定し、環境リスクを低減するよう管理しています。さらに、環境法規制や違反事例の情報をグループ内で共有し、再発防止と管理の強化に取り組んでいます。

活動と実績

2016年度は、水質、大気、廃棄物などに対する指摘、騒音や臭気に対する苦情がグローバルで12件ありました。その内訳として、苦情については事業所周辺住民からの騒音・悪臭・工事の粉じんに関するものが合わせて6件あり、2015年度の4件から増加しましたが、いずれも速やかに対応しました。
今後も環境管理強化の施策を実施し、再発防止と発生抑制に努めていきます。

指摘・苦情件数

指摘・苦情件数
水質 大気 廃棄物 苦情 その他(申請・届け出など)
2016年度 1件 2件 1件 6件 2件

土壌・地下水の汚染対策として、有害な化学物質を使用したことのある事業所では汚染状況の調査を実施しています。汚染が確認された場合は浄化対策を行い、浄化が完了するまで継続して監視しています。

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。