ページの本文へ

日立グループ中国エリアポータル

Hitachi

エアロケーション

近年、セキュリティ管理や安全確保、作業効率向上のため、人・モノの位置情報をより正確に把握したいというニーズが高まっています。
日立は、こうしたニーズに対応し、位置検知と入退検知を同一システム上で実現し、より詳細な情報の把握を可能にしました。

IPアドレス枯渇

世界的なインターネット人口の増加に伴い、IPアドレス(IPv4)の枯渇が、秒読み段階に入りました。
日立は、次世代IPアドレスであるIPv6の導入初期から培った経験と実績をもとに、IPv6への移行をサポートします。