ページの本文へ

Hitachi

Nature Contact 科学技術館 日立ブース

ネイチャーコンタクト みんなでエコを楽しもう! 開催レポート

2012年2月11日(土)〜12日(日)の2日間、科学技術館内Nature Contact日立ブースにて、子どもたちが楽しく遊びながら環境につい学ぶイベント「第4回ネイチャーコンタクト みんなでエコを楽しもう!」を開催しました。
2日間合わせて約580名の方に参加いただきました。
クレイアニメーション作成体験では、約330名の方に体験いただき、93本の作品が完成!
"きのぽん"の「デジタルぬりえ」は、250点の作品ができ、好評のうちに終了しました。

クレイアニメーション作成体験 参加者作品 ダウンロード

“きのぽん”の「デジタルぬりえ」参加者作品

ぬりえの台紙(pdfファイル)をご用意しました。
下記よりダウンロードいただけます。出力してお楽しみください。

クレイアニメーション作成体験

粘土でキャラクターを自由に作って、カメラでパシャ!当イベントではパソコンやデジタルカメラを使って、自分だけのクレイアニメーション作りを体験しました。作品づくりのテーマはエコ。中でも「水」をテーマに、よごれた川をみんなできれいにして、生き物たちを川辺によびもどす作品を作りました。大人も子供もはじめての体験にワクワク・ドキドキで参加しましたが、のびのびとした最高けっさくが完成しました!

“きのぽん”よごれた川がきれいになると、みんながえがおになるね!

“きのぽん”の「デジタルぬりえ」

日立ブース横では今年もお子さま向けイベントを実施。今回は、日立ソリューションズの電子黒板 StarBoard(スターボード)を使って「デジタルぬりえ」を体験しました。2月9日に公開しました日立キッズサイトのキャラクター「きのぽん」にみんなで楽しく色をぬりました。日ごろおうちで遊んでるぬり絵とはちがい、なれない手つきでパソコンの画面のきのぽんに集中している、みんなの顔がとても印象的でした。

みんな、ぼくのこと、じょうずにぬれたかな?“きのぽん”

エコ目標・イベント体験

イベントの参加後に、地球にやさしい環境つくりに対しての「エコ目標」を親子で立てていただきました

「エコ目標」お米のとぎ汁 そのまますてないで再利用!!/リサイクルをする/水を大切につかう/電気や水をむだにつかわない/自然をたいせつに

イベントの感想

【デジタルぬりえの参加者】HITACHIのキッズサイトをはじめて知りました。子供に身近にいろいろと感じてもらいたい1つです。/親子で遊びをしながら、勉強にもなりました。楽しかったです。/単純だけど熱中、とてもよいと思います。持って帰れるのがうれしい。/楽しみながらエコに関心が持てるイベントはよいと思います。エコの意識は、低年齢から付けた方が効果的ですね。

【クレイアニメーションの参加者】スタッフの方々も親切でした。プログラムの内容も環境のことを考えられていてたのしかったです。皆で一緒につくれたところも良かったと思います。/とても楽しく参加できました。自然を守ることを子供たちも学べたと思います。/エコを理解しながらたのしい作品を作れて親子共々満足できました。/子供達が楽しく作業できて、その中で環境の大切さもわかったと思います。

日立ブース「Nature Contact」もたくさんの方が体験。

日立キッズ

日立キッズ

楽しく学べる「きのぽんタウン」を中心に、日立グループのキッズ向け取り組みを紹介する日立のキッズサイトです。

日立グループ環境への取り組み