ページの本文へ

Hitachi

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ(通天閣LED・ネオン広告点灯式典)

1957年7月22日、二代目通天閣にネオンサインがともったその日、15年ぶりの点灯に大阪の街は感動に包まれたといいます。

明治時代の最後の年に誕生した初代通天閣が、戦時中にやむをえず解体されて以来、通天閣の再建は、通天閣の周りに広がる繁華街である新世界の人々の悲願でした。戦後、世の中の復興とともにその熱意が実り、二代目通天閣の建設がスタートしましたが、資金繰りは簡単ではありませんでした。

1957年通天閣

多額の建設費用を賄うために考えられた案が「広告収入」。ところが、その条件が厳しいものであったのか、なかなか話はまとまりませんでした。建設後も広告スポンサー探しは続き、広告代理店から東京の取引先であった日立に声がかかりました。おりしも、日立は通天閣が再建された1956年に白黒テレビ第1号機を発売し、家電事業に本格参入した時期でした。競合がひしめく関西エリアで日立の名を広めたいという強い志と、通天閣を再建したいという地元の想いが合致して、日立が通天閣にネオンサインを出すに至ったのです。

1974年にはオイルショックにより通産省(現経済産業相)から出された省エネ指導で消灯していましたが、地元と日立が一体となって再点灯の署名活動を行い、1979年4月28日に再点灯しました。

日立は約5年ごとにネオンサインのリニューアルを行いその都度、時代に即したメッセージや文言等を掲げています。また、東西南北4面の看板がありますが、西面は通天閣と契約当初からの約束で日立の広告ではなく公共面と位置づけて、社会貢献や地域の活性化を目的とした標語や文言などを掲載し続けています。

1970年通天閣1979年通天閣

通算13回目となった2017年のネオンサインリニューアルでは、12色でのライトアップが可能となり、1年通じてより多彩な表現が行えるようになりました。また、大時計は従来のアナログ式表示からLEDビジョン表示に替わり、通天閣の歴代時計の文字盤デザインの再現や季節にちなんだ動画の表示が可能となりました。

大阪の夜をますます華やかに彩る通天閣のネオンサイン。これからも大阪のシンボルとして、皆さまに親しんでいただけるように進化を続けていきます。

1996年通天閣2001年通天閣2006年通天閣2011年通天閣