ページの本文へ

Hitachi

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ(通天閣LED・ネオン広告点灯式典)

今回で13回目を迎えたネオンサインリニューアルにより、従来6色だったライトアップが12色で行えるようになり、1年を通じてより多彩な表現が可能となりました。また、大時計を従来のアナログ式からLEDビジョンに替えたことで、通天閣の歴代時計の文字盤デザインや季節に応じた動画ビジョンの表示が可能となりました。

2月10日に行われた「通天閣の過去と未来をテーマにした特別イルミネーションショー」では、約60年前の二代目通天閣建設時の流行歌から始まり、大阪のシンボルとして再点灯した当時と現在をつなぐ演出で、大阪の夜空が再び鮮やかに彩られるまでを表現しました。 その様子は、日立製作所公式Facebookにてライブ中継され、通天閣に足を運べない方にもご覧いただきました。

点灯式典

当社執行役専務 葛岡利明に続き、浪速区長および大阪府代表者様よりご挨拶をいただいた後LEDビジョンとネオン広告が点灯して、大阪の夜空に鮮やかに浮かびあがりました。
点灯式典と同時に、「通天閣の過去と未来をテーマにした特別イルミネーションショー」がスタート。二代目通天閣が点灯した60年前の流行歌で当時を振り返りながら、現代のイメージへとつなぐイルミネーションが通天閣を彩りました。
さらに、エンディングでは、レインボーカラーのライトアップでショーを締めくくりました。


神事


神事


神事


点灯式典


点灯式典


点灯式典


月毎のイルミネーション(2月)


月毎のイルミネーション(3月)


月毎のイルミネーション(6月)


LEDビジョンの時計


LEDビジョンの時計


LEDビジョンの時計

日立グループ公式YouTube 「HitachiBrandChannel」で、「通天閣60周年記念 通天閣LED・ネオン広告点灯式典、イルミネーションショー」動画を公開しました。ぜひ、ご覧ください。