ページの本文へ

Hitachi

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ

お願い
2017年1月17日にVRドラマを更新いたしました!アプリが最新のバージョンになっていない方は、ぜひ「Google Play」「App Store」にアクセスし、アプリの更新を行いVRドラマをお楽しみください。

Android™、Google Play™はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

通天閣は60周年を記念してネオンサイン変更中! 2月10日(ツーテンの日)に点灯式(新ネオンサインのお披露目)を行います!

株式会社日立製作所(以下、日立製作所)と通天閣観光株式会社(以下、通天閣観光)は、通天閣開業60周年を記念して、60年にわたる皆さまへの感謝の気持ちを込めて、本アプリを企画・制作しました。本アプリでは、「通天閣」の歴史を通じて、日立と通天閣観光とのつながりや、通天閣周辺の歓楽街である新世界の魅力を紹介しています。

今回は、AR(Augmented Reality:拡張現実)やVR(Virtual Reality:仮想現実)といった最近話題のコンテンツを用意しましたので、通天閣に来たことがない方々にも広く楽しんでいただきたいと考えております。日立は1957年7月から今日にいたるまで通天閣の広告スポンサーとしてパートナーシップを築いてきました。今年“還暦”を迎えた通天閣の人生(塔の生きている時間という意味ですと塔生になるのでしょうか)を共に振り返っていただき、新世界のシンボル通天閣をこれからも可愛がっていただけましたら幸いです。

日立と通天閣観光は、新たな未来へ向けて、通天閣がさらに皆さまに愛されるよう取り組んでいきます。

それでは、どうぞお楽しみください!

「通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ」の楽しみ方:VR編

VRドラマ公開中

VRドラマ公開

通天閣と日立、さらに新世界の人々との深い繋がりを表す、過去の出来事を題材にしたショートストーリーを360度VRで公開しました。360度見渡すことのできる映像を体験しながら過去の新世界へタイムスリップした感覚を楽しむことができます。

ハートフルなショートストーリー全7話、順次公開予定です。

あらすじ
父親の転勤でいやいや大阪に引っ越す事になった「ことね」。祖母との待ち合わせ場所の喫茶店で不思議な体験をします。
今から約40年前、オイルショックの影響からネオンが消灯されることになった通天閣。
そのネオンを再点灯させようと奔走する新世界の人々とふれあうことによって、ことねの気持ちに変化が…
60年という長い歴史を経て、通天閣のネオンサインには、新世界と通天閣に携わる人々の特別な想いがつまっています。
ネオンサインはどうなるのか? ことねはどうなるのか?

VRドラマ操作方法

スマートフォンを上下左右に動かすと、さまざまな方向から360度VRドラマをご覧いただけます。
「VRドラマ」をタップすると、「VRドラマ一覧画面」が表示されます。順次公開してゆく、1話から7話までのストーリーがご覧になれます。

(1)「VRドラマ一覧画面」の右上のアイコンで、VRドラマをスマートフォン単体でご覧になる場合は「スマホ」を選択してください。

スマホアイコン

もしくは、VRゴーグルでご覧になる場合は「VR」を選択してください。

VRゴーグルアイコン

見たいドラマをタップするとビューアーが立ち上がり「VRドラマ待機画面」になります。スマートフォンを横にしてください

(2)少しお待ちいただくと再生がはじまります。※以後はスマホを動かし「+」マークを各動作アイコンに重ねることによってメニューを選択します。

(3)画面中心に表示されている「+」マークを再生アイコンに合わせ約3秒お待ちください。再生が開始されます。(矢印と共に、上方向を見るように指示がでますので、再生アイコンを探してください)

(4)「VR画面」で画面をタップすると、「VRドラマ一覧に戻る」アイコンが表示されます。タップすると「VRドラマ一覧画面」に戻ります。

アイコンの解説

足元をご覧いただくと「メニューを開く」と「一覧に戻る」のアイコンがあります。

一覧にもどる

「一覧にもどる」に注目すると、VRドラマ一覧に戻ります。

VRゴーグルアイコン

「メニューを開く」に注目すると、正面にメニューを表示します(少し顔を上げて、メニューのアイコンに注目してください)。

※画面をタップしても、VRドラマ一覧に戻ることができます。

動画再生アイコン

「再生する」動画を再生します。

一時停止アイコン

「一時停止する」 動画を一時停止します。

音量アップアイコン

「音量を上げる」 動画の音量を上げます。

音量ダウンアイコン

「音量を下げる」 動画の音量を下げます。

※動画の音量はスマートフォン本体の音量ボタンでも調整することができます。

スライダーアイコン

「時間調整スライダー・音量調整スライダー」
メニューの左側のスライダーで、動画の見たい時間に移動することができます。
メニューの右側のスライダーで、任意の音量に調整することができます。

音量ダウンアイコン

「メニューを閉じる」 画面正面のメニューを閉じます。
メニューは足元の「メニューを開く」アイコンからいつでも開くことができます。

※「VRドラマ」のコンテンツは通信環境が必須となります。モバイル通信環境での使用では通信量が発生いたしますので、Wifi環境でのご利用を推奨いたします。

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリの楽しみ方:AR編

「通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ」は通天閣と、通天閣周辺エリア(新世界)の60年の変遷を紹介するアプリです。

AR機能を搭載したコンテンツで、現在の新世界の風景と過去の新世界の風景を見比べることができます。現在の風景と過去の風景の違いなどをお楽しみください。

ARはお使いのスマートフォンのカメラを通し、現在の風景と過去の画像を合成して見ることができますが、大阪 新世界に来られない方も楽しめるように、現在の風景の画像も搭載しています。

大阪 新世界で「通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ」を楽しむ

現在の新世界の風景と過去の新世界の風景を見比べることができます。

「通天閣60周年 日立AR・VRアプリ」のパンフレットを下記の場所などで入手いただき、パンフレットに掲載されているARマーカー(現在の風景写真)を読み込んでください。読み込んだARマーカーの過去の風景写真が表示されます。「透明度設定」バーで表示されている過去の風景写真の透明度を調整できますので、パンフレットの地図を頼りに、表示されている写真と同じ場所を探して、現在の風景と比べてください。

パンフレットは、通天閣、動物園前駅、恵美須町駅、新世界まちなか案内所、通天閣周辺エリア(新世界)の一部の店舗、大阪商業大学で入手することができます。また、このページのバナーからパンフレットのPDFをダウンロードして入手することもできます。

読み込んだARマーカーの過去の風景写真が表示されます

大阪 新世界以外の場所で「通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ」を楽しむ

新世界以外の場所でも、現在の新世界の風景と過去の新世界の風景を見ることができます。このページのバナーから「通天閣60周年 日立AR・VRアプリ」のPDFパンフレットを入手していただき、パンフレットに掲載されているARマーカー(現在の風景写真)を読み込ませてください。

読み込んだARマーカーの過去の風景写真が表示されます。画面左下の「現在の写真」をタップすると現在の風景写真が表示されますので、新世界以外の場所でも現在と過去の風景を比べて見ることができます。

表示されている過去の写真が透明度30%で表示されます。「透明度設定」バーを調整すると、過去の風景と現在の風景を比べて見ることができます。

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリのダウンロード

Android™、Google Play™はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリの操作方法について

通天閣アイコン

Google play(Androidの場合)、App Store(iPhoneの場合)からダウンロードすると、ホーム画面に左のアイコンが表示されますので、タップしてアプリを起動させてください。

「ABOUT」「通天閣の昔をARで見よう」「 EVENT MAP」「VRドラマ」の4つのボタンが表示されます。

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリイメージ(開発中のものです)

通天閣の昔をARで見よう

カメラでARマーカー(画像)を読み込むと、過去の風景の画像が表示されます。

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ画面イメージ(開発中のものです)

画面の説明
(1) ホーム ホームに戻ります
(2) 詳細情報 写真の詳細
(3) リセット 表示している画像を削除して、AR画面に戻ります
(4) 現在の写真 現在の風景(写真)を表示します
(5) 動画予告 ARを読み込んで15秒後にVRドラマの予告を見ることができます
(6) 透明度設定

「透明度設定」バーで過去の写真の透明度を調整し、現在の風景と重ね合わせてみることができます

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ画面イメージ(開発中のものです)

(4) の「現在の写真」をタップすると、過去の風景と同じ位置からの現在の風景がご覧いただけますので、通天閣・新世界を訪れることができない方も、お楽しみいただくことができます

また、右上の(2)「詳細情報」をタップすると、ビリケンの解説を読むことができます

VRドラマ更新の予定

2017年1月上旬にVRドラマを追加配信します。通天閣と日立、さらに新世界の人々との深い繋がりを表す過去の出来事を題材にしたショートストーリーで、360度見渡すことのできる映像を体験しながら過去の新世界へタイムスリップしたような感覚を楽しむことができます。

VRの予告
2017年1月10日(火) 第一話公開
2017年1月17日(火) 第二話、第三話公開
2017年1月24日(火) 第四話、第五話公開
2017年1月31日(火) 第六話公開
2017年2月3日(金) 最終話公開