ページの本文へ

Hitachi

企業情報広告・宣伝

掲出イメージ

掲出場所:
大阪市
掲載開始日:
2017年2月10日

サイズ

天地45m×左右5.2m×4面

仕様

ネオン看板

解説

通天閣ネオンは、二代目通天閣が開業した翌年1957年より掲出を開始しました。 2017年のリニューアルでは、広告文言の変更、ライトアップの増色、大時計のリニューアルを行いました。

広告文言

東面:HITACHI(昼・夜可視) / Inspire the Next(夜のみ可視)
西面:通天閣
南面:社会イノベーションの日立(昼・夜可視) / HITACHI(夜のみ可視)
北面:社会に貢献する日立(昼・夜可視) / HITACHI(夜のみ可視)

ライトアップ

季節感を演出し、地域のシンボルタワーとしての存在感を高めるため、ライトアップの色を従来の6色から12色へと増やし、1年を12色で表現しました。
また、15分毎に、次々とライトアップの色が変化する時間を設け、より華やかに輝く通天閣を楽しんでいただけるようになりました。

大時計

約60年間使用してきたアナログ式の大時計をLEDビジョンにリニューアルしました。
LEDビジョンにすることで、多彩なデザインで時刻を表示することが可能となりました。
LEDビジョンでは、約60年の間に通天閣で使用してきた歴代時計の盤面デザイン(6種)を再現したものや、日本の季節を表現した動画ビジョンを映しています。