ページの本文へ

Hitachi

企業情報日立グループについて

人々の豊かな暮らしを実現する社会イノベーション

執行役社長兼CEO 東原 敏昭

近年、デジタル技術の進化が産業や社会インフラの再構築を促し、世界中で大きな変化をもたらしています。デジタル化の鍵となるデータの利活用により、これまでは気付くことのできなかった解決策や、未来を変える新たなサービスが生まれています。
日立は、AI(人工知能)やビッグデータ分析といったデジタル技術(IT)に加えて、制御・運用技術(OT:Operational Technology)やプロダクトを有する、世界でもユニークな企業です。この強みを最大限に生かして、より付加価値の高い社会インフラをはじめとするデジタルソリューションをグローバルに提供することで、社会課題を解決するのが日立の社会イノベーション事業です。
2015年には「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連で採択され、さまざまな社会課題の解決に向けた取り組みが世界各地で始まっています。
日立は創業以来、「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、時代とともに変化する社会の課題解決に取り組んでいますが、この思いはSDGs、そして社会イノベーション事業のめざす方向と同じです。
日立はこれからも社会イノベーション事業を推進し、お客様やパートナーとの協創を通じて、人々のQuality of Lifeの向上と、持続可能な社会の構築に貢献し、SDGsの実現に向け邁進してまいります。


執行役社長兼CEO 東原 敏昭