ページの本文へ

Hitachi

メニュー

企業情報日立グループについて

Hitachi Vision Movie Behind the Scenes ―「Hitachi Vision Movie」3つのエピソード―

Hitachi Vision Movie Behind the Scenes
  • 空を駆けるInspire Flash
  • 日立グループ・ビジョンのコーラス
  • レコーディングを行った嘉穂劇場

世界に広がり、社会に貢献する、32万の個性/空を駆ける Inspire Flash

Scene1

日立のコーポレートステートメントロゴ、Inspire the Next の「Next」右上に赤く伸びるラインを、私たちはInspire Flashと呼びます。映像の中では、たくさんのInspire Flashが、都市や交通を支え、人々の暮らしの中を駆けていきます。このInspire Flashは、日立グループの従業員一人ひとり。日立グループ・ビジョンの実現をめざして、一人ひとりが世界を駆け巡る――そんな想いを表現しました。
実写映像では、カラーチップを人の手を使って飛ばした映像を撮影。一枚一枚がきれいに飛び上がるまで、40回以上の撮り直しを行い、CGで合成しています。

地域や文化の違いを超え、ビジョンのもと、一つに/日立グループ・ビジョンのコーラス

Scene2

日立グループ32万人の一人ひとりが、ビジョンを心に刻み、国や地域を超えて、一つのチームとなるために。Hitachi Vision Movieでは、英語による日立グループ・ビジョンを、あえて一言一句変えずにコーラスで歌いました。
これを力強く歌い上げたのは、地域も文化も異なるメンバーからなるコーラスチーム。その姿は、ダイバーシティを推進し、バックグラウンドの違いを超え、一丸となってビジョン実現に向けて挑戦する日立グループそのものです。

活気あふれる世界をめざし、前進し続けた100年/レコーディングを行った嘉穂劇場

Scene3

コーラスのレコーディングが行われたのは、福岡県飯塚市の嘉穂劇場。木造二階建て、100年近い歴史をもつ歌舞伎様式の芝居小屋です。嘉穂劇場は、火災や水害に見舞われながらも、見る人に感動を届け、地域とともに発展してきました。
日立グループの100年も、困難を乗り越えながら、笑顔で暮らせる毎日を支えることに挑戦し続けた100年。日立グループと同様に困難を乗り越えてきた歴史を持つ嘉穂劇場に共感した私たちは、この嘉穂劇場で日立グループ・ビジョンの録音を行いました。