ページの本文へ

Hitachi

青森ねぶた祭り(日立連合ねぶた)

写真 星野

私ども日立グループは、青森の地、そして東北全体の地域社会発展に貢献していくことを目的に、青森販売所(現 青森支店)として日立製作所が拠点を開設した直後の1965年(昭和40年)から、「日立連合」として青森ねぶた祭に参加してきました。当時のねぶた祭参加について協議していた資料を確認しますと、当時から日立グループが一丸となって取り組んでいた意気込みが感じられます。
2015年(平成27年)に50回参加という節目を迎えた「日立連合」は、これからも諸先輩方が築き上げ残していただいた貴重な教訓・財産を受け継ぎ、日本を代表する火まつりである青森ねぶた祭の伝統を大切にしながら、地域の皆さま、そして「日立連合」をご支援いただく多くの皆さまのご期待にお応えすべく、日立グループ一同団結して、さらに青森ねぶた祭を盛り上げていきたいと考えております。これからも、暖かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年6月
株式会社日立製作所
  東北支社長 執行役員  星野 達朗

写真 加藤

2016年(平成28年)には51回目の出陣を果たし、「観光コンベンション協会会長賞」「囃子賞」を受賞、そして13年連続入賞という快挙とともに13年連続の海上運行を実現することができました。これもひとえに、地域の皆さまからの長年のご愛顧と日立グループ諸先輩方が地域に根ざした活動を継続されてきたご尽力の賜物と心から感謝申し上げます。
これからも日立連合ねぶた委員会は、事務局をはじめとして制作スタッフや運行班、囃子方、日立グループ関係者も一体となって祭を盛り上げていきたいと考えております。さらに「ねぶた大賞」および連続入賞記録の更新もめざしてまいります。
長きにわたって続けられてきた伝統に対する責務を果たすべく、地域との絆をより一層深められる運行に努めてまいりますので、これからもご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年6月
日立連合ねぶた委員会
 会長  加藤 健