Home Up


こたえ

(第245回:平成13年1月1日)



■初級:解説

黒1が急所です。白2なら黒3が好手。
白4には黒5と四子にして白6と取らせて次図へ。

初級:こたえ



■初級:解説(つづき)

黒7で次に8と9が見合いで白死です。

初級:こたえ(つづき)



■初級:失敗図

黒1は白2で白活きです。

初級:失敗図



■中級:解説1

黒1とハネ、白2から4とコウトリのとき、
黒5と二子にして取らせるのが妙手で、
ここから「長生」がはじまります。
白6トリのあと次図へ。

中級:こたえ1



■中級:解説2

黒7と取り返したあと次図へ

中級:こたえ2



■中級:解説3

白8なら、黒9とコウを取ります。
このあと白がコウを取り返しても、前々図の形に戻り
黒5の「長生」の手筋で黒はコウ材が無限にありますので
黒活きという珍しい形です。

(本題は創作詰碁の大家、塚本恵一氏が
私の退職祝の席上で創作、提供されたものです。
新年のお楽しみにここに載せました。)

中級:こたえ3



■中級:失敗図

黒1は白2でコウになります。

中級:失敗図




(C) Hitachi, Ltd. 2001. All rights reserved.