本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

スタンダードモデル:プロジェクター:CP-X400J

性能、機能、使いやすさ、コストのグッドバランス。

CP-X400J

CP-X400J CP-X400J
【在庫品限り】

3000ルーメンXGAリアル対応オート垂直キーストーン(台形歪み)補正

オープン価格

高出力スピーカー内蔵(7W音声出力)

7Wスピーカー(モノラル)を内蔵。別途スピーカーやアンプを用意するこ となく、そのまま迫力ある音質再生が可能です。しかも7Wの高出力によ り、会議室や教室、体育館などの広い空間でもパワフルに再生します。

画面歪みを自動補正する、オート垂直台形歪み補正

プロジェクターが傾いていると生じる台形歪みを本体内部の重力センサーが感知し、自動的に補正します。わずらわしい調整に時間をとられることなく、スピーディーにセッティングできます。

動画も美しい、プログレッシブ・スキャン

動画も美しい、プログレッシブ・スキャン

CP-X400Jに搭載のプログレッシブLSIが、ビデオ 映像信号をデジタル処理。2度に分けて送られてくるインターレース(飛び越し走査)信号を2倍の密度でスキャンして1枚の映像に描き出します。このプログレッシブ・スキャン(順次走査)により、滑らかでリアルな動画再生を実現します。テロップや天気図などのグラフィック画面もチラつきのない見やすく、またダイナミックな動きの動画も迫力たっぷりに再現。プレゼンテーションの効果アップや、授業の注目度の向上に大いに威力を発揮します。

掲載の写真は、効果をわかりやすく表現したもので、実際の映像とは異なります。

低騒音の30dBを実現(静音モード)

これまでプロジェクターの課題とされてきた騒音。出席者の集中を削ぎ、発表者やプレゼンターの声を高め、それが発表会やプレゼンテーションの妨げになることがあります。そこでCP-X400Jは徹底した低騒音化をはかり、静音モードで30dBを実現。騒音を気にすることなく映像や議論に集中することができます。

優れたメンテナンス性の側面フィルター

フィルターを側面に配置。これにより、天吊りした場合でも片手で簡単に取り外しが可能に。加えて、より大型のフィルターを採用することで、清掃のタイミングをお知らせするアラーム表示を従来より4倍延長。

ホワイトボードや黒板をスクリーンとして投写可能

会議や授業で便利な「ホワイトボードモード」と「黒板モード」を装備。これまではホワイトボードに投写すると光の乱反射で映像が見づらいことがありましたが、「ホワイトボードモード」では白信号のピークを半減させ、映像をより見やすくしています。「黒板モード」では黒板に映像を直接投写することが可能(緑、黒色の黒板に対応)。スクリーンがなくても、すぐに会議や授業が開始できます。

明るい部屋でも見やすい、高輝度3,000ルーメン。
最適な映像バランスが設定できる、映像モード。
ノーマル 標準的な画質で投写するモードです。
シネマ フィルムライクな階調表現を重視した映像や映画コンテンツなどに最適です。
ダイナミック 全体的に明るさを重視した設定です。
デイタイムモード 明るい部屋で色がボヤケる場合、色を強調することで鮮やかな映像を提供します。
「簡単」/「詳細」、選べる2つのメニュー画面。

掲載内容は2009年11月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。