Hitachi

プロジェクター

教室/中・小会議室モデル:プロジェクター:CP-X2511NJ

充実した基本性能とコストパフォーマンスを両立。

CP-X2511NJ CP-X2511NJ(生産終了品)

2700ルーメンXGAリアル対応16Wスピーカーグリーン購入法適合

オープン価格

機能

ハイブリッドフィルターパスワード&マイスクリーンパスワード状態監視(取り外し感知)省電力モード日本語表記
USBディスプレイクイックスタートダイレクトパワーON/OFFオート垂直キーストン補正入力信号名変更
簡単メニュー/詳細メニューマイスクリーン映像モード(黒板モード)部分拡大テンプレートフリーズリモコンマウス
マイク端子PCレスプレゼンテーション
ネットワーク管理/コントロールネットワークプレゼン

資料の音声も発表者の声も、大音量!

16W大音量スピーカーとマイク用端子を搭載

高出力16Wスピーカー

16Wの大音量スピーカーを内蔵しているので、外付けスピーカーを用意しなくても、迫力の音声再生が可能。教室や会議室の後ろの席でも、音声を鮮明に聞き取れます。
また、マイク用端子も用意しているので、マイクを繋げば発表者の声を16Wスピーカーで拡声できます。
広い教室やざわついた部屋でも、聞く側はもちろん、発表者にとっても快適なプレゼンテーションを実現します。プロジェクターがスタンバイ状態でも、マイク音声は出力可能です。(省電力設定時は除く)

プレゼンテーションが、さらに簡単・快適に

USB接続で映像投写

USB接続で映像投写

パソコンとプロジェクターを市販のUSBケーブルで接続できるので、RGBケーブルがなくても、パソコン画面をプロジェクターで投写できます。


PCレスプレゼンテーション

資料のデータを保存したUSBメモリなどをプロジェクターに接続すれば、パソコンを用意しなくてもプレゼンテーションを行うことができます。

PCレスプレゼンテーション

有線LANで広がる活用方法

ネットワークプレゼンテーション

マルチPCモード

プロジェクターとパソコンを同一ネットワークに有線LANで接続すると、ネットワークを介して映像投写が可能。信号ケーブルをつなぎ換えるわずらわしさを解消します。
また、最大4台のパソコン画面を同時に投写することもできるので、授業やミーティングの効率がアップします。


プロジェクターを遠隔管理&制御

遠隔管理&制御

Webブラウザを使用して、複数台のプロジェクターの設定状態や可動状況などの遠隔管理が可能。電源ON/OFFや画質調整など、リモコン同様の操作もパソコン上で行えます。
また、ランプ交換が必要な場合やエラーを検出した場合には、指定したEメールアドレスへ通知できます。
業界統一規格PJ Link™にも対応。

ハイブリッドフィルター採用で、メンテナンスの手間を低減

ハイブリッドフィルター

日立独自のハイブリッドフィルターにより、フィルター清掃間隔5,000時間※1を実現。頻繁な清掃が不要です。
フィルターは本体前面からスライド可能。ランプドアは天面に配置しているので、天吊りしたままでも簡単に取り外せる構造となっています。

※1
 JIS粉塵使用時の弊社塵埃試験結果による。清掃間隔は使用環境により異なります。

アイリス搭載でコントラスト比2000:1を実現

アイリス(絞り)

CP-WX3011NJ/CP-X3011NJ/CP-X2511NJは、アイリス(絞り)を搭載し、コントラスト比2000:1を実現。微妙な黒の階調もしっかり表現できるので、映像や写真を使ったプレゼンテーションや教材などの映像効果を高めます。

掲載内容は2010年12月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。