Hitachi

プロジェクター

教室/中・小会議室モデル:プロジェクター:CP-RX80J

ハイコストパフォーマンスのシンプルモデル。

CP-RX80J CP-RX80J

2200ルーメンXGAリアル対応

オープン価格

機能

パスワード&マイスクリーンパスワード省電力モード
クイックスタートダイレクトパワーON/OFF垂直キーストン補正(手動)入力信号名変更
簡単メニュー/詳細メニューマイスクリーン映像モード(黒板モード)テンプレート部分拡大フリーズ

導入しやすいシンプル機能モデル

機能をシンプルにおさえ、使いやすさと高いコストパフォーマンスを両立しました。初めてプロジェクターを導入する際にも最適なモデルです。

ホワイトボードや黒板への書き込みに便利なテンプレート機能搭載

テンプレート機能

テンプレート機能を使うと、内蔵された補助罫線が投写されるので、ホワイトボードや黒板に、図形やグラフなどを描く手助けをします。 テンプレートは、罫線や方眼など、使用目的や使用環境に合わせた4種を用意。

選べる4種類のライン

● 黒地に白罫線
● 白地に黒罫線
● 方眼白地に黒線
● 方眼黒地に白線

投写画面の設定操作が簡単

垂直キーストン補正機能

「垂直キーストン補正」で、投写画面の台形歪みを簡単に調整できます。

初めての操作でも分かりやすい「簡単メニュー」

簡単メニュー・詳細メニュー

基本機能を分かりやすく整理した「簡単メニュー」と、より詳細な設定が行える「詳細メニュー」の2種類のメニューを用意しました。

設置から投写までが、手早く、簡単!

ダイレクトパワーON

「ダイレクトパワーON」で、電源コードをコンセントに差込み、通電するだけで※1すぐに起動。

※1
 「オートオン」を有効に設定し、「ダイレクトパワーOFF」した後のみ、使うことができます。(主電源スイッチがONの場合。)

片付けも簡単、スピーディー

ダイレクトパワーOFF

「ダイレクトパワーOFF」機能によって、プロジェクターの使用後、クールダウンをせずに、すぐに片付けることができます。

使用直後の排気口は高温のため手を触れないでください。

掲載内容は2009年11月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。