本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

主な製品仕様

2017年11月現在

項目 製品仕様
型式 LP-WU9100BJ
外形寸法(W×H×D、mm) 500 × 216 × 576(レンズ含まず)
表示方式 1チップDLP®
表示素子 サイズ 0.67型×1(枚)
画素数 2,304,000画素
(水平1,920×垂直1,200)×1(枚)
色再現性 10億7,374万色(フルカラー)
投写レンズ
(別売)
ズーム 電動ズーム(1.0〜1.6倍) 

*レンズにより異なる。FL-920は固定ズーム

フォーカス 電動フォーカス
レンズシフト 電動(USL-901A:垂直-22〜50% / 水平±10%、
その他のレンズ(FL-920を除く):垂直-22〜60% / 水平±10%)  

*FL-920は固定レンズシフト

光源 レーザーダイオード
投写画面サイズ 50〜600型(フルスクリーン表示時)

 *FL-920は100〜350型

光出力(lm)※1 10,000※2
コントラスト比※1(全白/全黒) 30,000:1※3
対応
走査
周波
水平 15-91kHz
垂直 24-85Hz
最大
入力
解像
コンピュータ信号入力 1,920×1,200(60Hz) (WUXGA) ※4
ビデオ信号入力 1,920×1,080(60Hz) (1,080P)






アナログ
入力端子
コンピュータ入力端子 Dサブ15ピンミニ×1系統、5BNC×1系統
デジタル
入出力
端子
HDMI
入力端子
HDMI×2系統(HDCP対応)
HDBaseT
入力端子
RJ45×1系統 *有線LAN端子と兼用
DVI-D
入力端子
DVI-D×1系統
SDI
入力端子
BNC×1系統
SDI
出力端子
BNC×1系統
コントロール端子(RS-232C) Dサブ9ピン×1系統
有線LAN端子 RJ45(100BASE-TX/10BASE-T)×1系統 

*HDBaseT入力端子と兼用

リモートコントロール信号入力端子 3.5mm ステレオミニ×1系統
使用温度 0〜45℃

*36℃以上※5では光源が自動的に暗くなります。

電源 AC100V(50/60Hz)
消費
電力 (W)
ノーマル 1,340
待機時 0.5(スタンバイモード:「省電力」設定時)※6
質量(kg) 約28.0(レンズ含まず)
水平キーストン補正 ±60°
垂直キーストン補正 ±40°
付属品 リモコン、電源コード(2.5m)、コンピューターケーブル(1.8m)、単3形乾電池×2個(リモコン用)、取扱説明書(保証書付き)、有線リモコン用ケーブル、RS-232Cケーブル(クロス)※7、マウントキャップ
電源プラグ 【電源コンセントの形状について】
電源プラグ 形状:IL形(接地極付き) 容量20A
電源プラグ
付属の電源コードの接続には以下の
形状のコンセントを準備してください。
電源プラグ
ご注意ください
本機をコンセントに接続する場合は、
必ずコンセント容量をお守りください。
※1
 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。 測定方法、測定条件については付属書2に基づいています。
※2
「映像モード」の設定は「ダイナミック」、「エコモード」の設定は「ノーマル」、レンズシフト位置はセンター。
※3
「ダイナミックブラック」の設定は「オン」。
※4
RB(Reduced Blanking)のみ対応。
※5
海抜0-1219mで使用する場合。詳細についてはダウンロードページに掲載の仕様書および取扱説明書をご参照ください。
※6
待機時は、LANおよびRS-232Cを使用できません。
※7
端子はDサブ9ピン オス-オス。パソコンとプロジェクターを市販のRS-232Cケーブル(クロス)を使って接続する場合に使用します。
この製品は、「クラス1レーザ製品」です。(JIS C 6802:2014)

インターフェイス

接続インターフェイス

寸法図

(単位:mm)

LP-WU9750BJ寸法図_01

投写距離

掲載内容は2017年11月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。
*
プロジェクターを並べて使用する場合や複数台を表示する場合、製品の個体差がありますので、色・明るさ・フォーカスなどが異なることがあります。