本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

教室/中・小会議室:ポータブル・5000シリーズ:プロジェクター:CP-WU5505J/CP-WX5505J/CP-X5555J

高輝度、高画質、多機能で幅広い投写ニーズに対応する5000シリーズ。

CP-WU5505J 無線LAN対応 5200ルーメンWUXGA16ワット スピーカー

オープン価格

製品仕様 投写距離表
CP-WU5505J

CP-WX5505J 無線LAN対応 5200ルーメンWXGA16ワット スピーカー

オープン価格

製品仕様 投写距離表
CP-WX5505J

CP-X5505J 無線LAN対応 5800ルーメンXGA16ワット スピーカー

オープン価格

製品仕様 投写距離表
CP-X5505J

機能

ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)HDCRイメージオプティマイザ
ハイブリッドフィルターパスワード&マイスクリーンパスワード状態監視(取り外し感知)省電力モード3年保証日本語表記※1
ダイレクトパワーオン/オフ水平・垂直方向レンズシフト(手動)水平キーストン補正(手動)垂直キーストン補正(手動)コーナーフィット入力端子名変更HDBaseT(TM)MHL入力
幾何学補正エッジブレンディング簡単メニュー/詳細メニューマイスクリーンDICOM(R)シミュレーションモードテンプレートPbyP機能レンズシェード
部分拡大フリーズ
業界統一規格PJLink(TM)対応AMX社 Device Discovery対応Crestron社 Room View(R)対応EXTRON社 XTP System対応ネットワーク管理/コントロールネットワークプレゼンマルチプロジェクターモデレーターコントロール
ワイヤレス(オプション)※2スマホ/タブレット対応

※1
 接続インターフェイス部、操作パネル部は非対応。
※2
 USBワイヤレスアダプター「USB-WL-11N」(別売り)が必要。

設置の自由度を広げるHDBaseT™入力端子

最長約100mのLANケーブル(CAT5e以上、シールドタイプ)1本でHDBaseTに対応した機器と接続し、映像/音声/制御信号を受信できます。付属のターミナルカバー※3ですっきり設置できます。

※3
 LANケーブル(HDBaseT端子接続)および同梱の電源コード
(L形)のみ接続時に限り取り付け可能。

レンズシフト機能、高倍率ズームレンズ搭載

ワイヤレスで快適プレゼン

レンズシフト機能で画面位置を上下左右に簡単に移動できます。また、1.7倍※4ズームレンズでスクリーンまでの距離に合わせた投写の調整ができ、高い設置性を実現します。

※4
 CP-WX5505J、CP-X5555Jは1.6倍。

MHL®入力対応、豊富なデジタル入出力

MHLに対応したHDMI®入力端子(HDMI 1のみ)を搭載しているので、AV機器やMHL対応端末のコンテンツを簡単に再生できます。

また、HDMI出力端子※5を使って、複数台※6のプロジェクターをデイジーチェーン接続して同時投写できます。

※5
 HDMI1またはHDBaseT入力端子に入力された信号を出力できます。
※6
 入力ソース機器からの映像信号により、デイジーチェーン接続できる台数が制限されます。

エッジブレンディング&ワーピング

エッジブレンディング&ワーピング

映像の継目をなめらかに投写できるブレンディング機能を搭載しています。また、幾何学補正※7で、曲面や円柱・球体などにも投写可能です。

※7
 専用アプリをインストールしたパソコンからプロジェクターの設定を行う必要があります。

メンテナンスの手間を軽減、高性能エアーフィルター搭載

高性能エアーフィルター

フィルター清掃間隔10,000時間※8を実現したハイブリッドフィルター採用で、頻繁なフィルター清掃が不要です。

※8
 JIS標準粉体を使用し、浮遊粉塵濃度50mg/m3の条件下での加速試験による予測です。清掃間隔は使用環境により異なります。

スマートフォンからプロジェクターを管理・制御

スマートフォンやタブレット端末※9からプロジェクターの「入力切替」や「音量調整」、「ブランク」などの操作が可能です。また、プロジェクターの状態やエラー履歴をリアルタイムで確認できます。

※9
 専用アプリ「Projector Quick Connection」(無料)をインストールし、プロジェクターとネットワーク接続してください。プロジェクターの無線LAN接続にはUSBワイヤレスアダプター「USB-WL-11N」(別売り)が必要です。アプリのダウンロードおよびスマートフォン/タブレット端末の最新の対応状況については下記のURLをご参照ください。 http://www.hitachi.co.jp/proj/function/f_04.html

プロジェクター単独でも自動で点灯/消灯、簡単スケジュール機能

事前に登録した日にちや曜日の時刻に、自動でランプのオン/オフ、入力切替などが可能。プロジェクターの動作を自動化できるので、その都度、プロジェクターを操作する手間を軽減できます。

「スタンバイモード」が「省電力」設定の場合、自動で電源オンできません。詳細は取扱説明書をご参照ください。

独自の映像処理技術で見やすい映像を投写

映像の暗い部分を明るく色鮮やかに再現する「HDCR」、陰影感、精細感、光沢感を強調する「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」、ランプの使用状態に応じて自動で映像を見やすく補正する「イメージオプティマイザ」を搭載。

アクセンチュアライザー・効果イメージ

DICOM®シミュレーションモード

医療画像情報の処理保存や印刷などを行う場合の基準であるDICOM®(Digital Imaging and Communications in Medicine)の階調特性をシミュレーションするモードを搭載し、医療用画像も投写※10できます。ノーマルモードと比較し、精細でより実際に近い映像表示ができます。

※10
 本機は医療用画像表示モニターではないため、診断等には使用できません。

ネットワークプレゼンテーション

プロジェクターとパソコンをLANケーブルで接続し、ネットワーク経由で映像投写が可能。複数のパソコンから映像投写する際に、わずらわしい映像ケーブルのつなぎ替えが不要です。最大4台のパソコン画面を同時に投写可能です。

ワイヤレスネットワーク対応(オプション)

プロジェクターとパソコンを無線でLAN接続可能。ワイヤレスで管理/コントロールおよび映像投写が行えます。

USBワイヤレスアダプター「USB-WL-11N」(別売り)が必要です。

PbyP/PinP

1つの投写画面に、2つの異なる入力信号を同時に表示することができます。2つの資料を比較説明する場面などで有効です。

入力信号によっては同時に表示できない組合せがあります。

その他の機能

16Wスピーカー搭載
ワイヤード接続対応リモコン(オプション)

エコモードでのランプ交換時間(目安)は6,000時間*

エコモードを「エコ 」で使用した場合、および「ノーマル」で使用した場合のランプ交換時間(目安)は以下の通りとなります。

エコモード時:6,000時間、ノーマルモード時:4,000時間
*
これらの交換時間はあくまで目安であり、保証値ではありません。
*
実際の交換時間は、使用環境・条件によって大きく変動する場合があります。

掲載内容は2016年6月現在のものです。

*
掲載商品は日本国内のみで販売されるものです。ご使用される場合は日本国内に限ります。
*
記載の内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*
画面はハメ込み合成です。
*
インターネットの写真と実際の商品の色とは、多少異なる場合があります。
*
プロジェクターを並べて使用する場合や複数台を表示する場合、製品の個体差がありますので、色・明るさなどが異なることがあります。
*
オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。
*
HDMI®、HDMI® ロゴおよびHigh-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*
HDBaseTおよびHDBaseT Alliancer ロゴは、HDBaseT Alliance の登録商標です。
*
MHL、MHL ロゴおよびMobile High-Definition Link は、MHL, LLC の米国およびその他の国における商標または登録商標です。