本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

iPadによるプロジェクターのコントロール

Projector Quick Connectionは、日立プロジェクターへ、スマート端末の写真やドキュメント、Webページを無線LAN(Wi-Fi)で転送して投写するアプリケーションです。静止画のみの画像転送となります。

 

主な機能

 

1.リモートコントロール

スマート端末を使って快適にプロジェクターの操作ができるので、スムースなプレゼンテーションを行うことができます。

iPadによるプロジェクターのコントロール

またリモートコントロールは、ドキュメント/ピクチャー/Webページの投写時でも利用できます。

ドキュメント投写時のリモートコントロール
ピクチャー投写時のリモートコントロール
ウェブ投写時のリモートコントロール

【リモート操作できる機能】

・点灯/消灯  ・入力切替  ・音量調整  ・消音  ・ブランク  ・静止

 

2.コンテンツ投写

Projector Quick Connection の“Contents”タブから、写真やドキュメント、Web画面を、日立プロジェクターへ投写することができます。

 

1) 写真投写
Projector Quick Connectionはスマート端末のカメラロールから写真をインポートし、日立プロジェクターへ投写します。

1.ピクチャーの右上の“+”ボタンをタップします。
2.フォルダポップオーバーの右上の“新規”をタップし、新しいフォルダを生成します。
3.生成されたフォルダにカメラロールから写真を選択し、
“追加”ボタンをタップします。
4.投写するフォルダをタップします。
5.写真を選択し、左下の投写ボタンをタップすることで、
ピクチャーの投写が可能になります。

 

2) ドキュメント投写
様々なドキュメントを日立プロジェクターに投写できます。(仕様参考)
@メールの添付ファイル、Dropbox®やEvernote®を利用してファイルをインポートすることができます。
AiOS用のアプリの場合、iTunes®を利用し、ファイルを追加できます。また、iCloudへのドキュメント自動ダウンロード・アップロードができます。
*便利機能の項目3をご参照ください。

iTunesやDropboxからドキュメントの投写

BAndroid™用のアプリの場合、Android端末のフォルダにファイルを追加できます。
*Android用のアプリの場合、対応ドキュメントはPDFのみです。

 

3) Webサイトと投写
Webサイトを日立プロジェクターに投写できます。また、よく見るサイトをブックマークに保存しておけば、簡単にサイトを呼び出せます。

*URLの入力
ページの上にURLを入力し、ウェブページを開きます。
*ブックマーク追加
オプションボタンをタップすると、開いている
ウェブページをブックマークに追加することができます。

左下の投写ボタンをタップし、ウェブページを
日立プロジェクターに投写します。
 

4) カメラ

カメラ機能は書画カメラの代わりに、本や物をアプリのカメラ機能で撮り、その情報をプロジェクターへ投写できます。

@ 撮影モード

@コンテンツタブのカメラをタップします。
A対象物を撮影します。
B撮影した対象物は日立プロジェクターへ投写される。
※投写時は[マーカー機能]、[再撮影]、[プロジェクターコントロール]、
[オプション]の使用ができます。

A プレビューモードの設定(プレビューのデフォルト:Off)
撮影モードのとき、オプションをタップし、プレビューの設定をします。

プレビューがOnの時、撮影モードで対象物を撮影すると
プレビューが起動し、ユーザは先ほど撮影した写真を投写するか
再撮影するかを選択できます。
※[戻る]ボタンをタップすると再撮影をする事ができ、
[投写]ボタンをタップすると撮影した対象物を日立プロジェクターへ
投写する事ができます。

 

3.モニタリング

モニタリング機能は日立プロジェクタ―の電源状態やランプ使用時間などの情報を、PJ Quick Connectionアプリ上で確認できる機能です。また、プロジェクターに異常が生じた時に、エラー情報をアプリ上に通知することができます。

 

1) モニタリング機能

@アプリのステータス表示アイコンをタップすると、ステータス表示画面を
表示することができます。
Aステータス表示画面で確認できるプロジェクターの情報は、
以下の通りです。

・プロジェクタ―名
・電源状態
・入力チャンネル
・ランプ使用時間
・フィルター使用時間

・エラー情報 (*1)
・入力端子情報
・出力解像度
・システム時間
・ランプサイクル情報

・AC電源電圧
・外部温度
・ネットワーク設定
・シリアル番号


*1.エラー情報で確認できるエラー項目は以下の通りです。

・カバーエラー
・ファンエラー
・ランプエラー
・温度エラー
・エアフローエラー

・低温エラー
・フィルターエラー
・シャッターエラー
・レンズシフトエラー
・ランプ警告

・湿度エラー
・カラーホイールエラー
・レンズドアエラー
・AC瞬断エラー
・その他のエラー

 

2) エラー情報の通知機能の設定
エラー情報の通知機能のON/OFFや通知情報の設定が可能です。

ステップ@:PJ Quick Connectionを起動し、コントロールするプロジェクターの
セットアップを開きます。
ステップA:“エラー情報の通知”の項目からエラー情報の通知ON/OFFや通知情報を
設定します。 ステップB:監視時間を設定します。

監視時間は1秒、10秒、30秒、1分、5分、10分、30分、60分の設定が可能です。

 

便利機能

 

1.表示モード
Projector Quick Connectionのオプションの表示モードは、画面を4分割して最大4台までのスマート端末やPCを同時に投写できます。

最大4台のiPadおよびPCからのマルチ表示モード

【投写できるファイル】

・Microsoft® Word (.doc, .docx)
・Microsoft® Excel (.xls, .xlsx)
・Microsoft® PowerPoint (.ppt, .pptx)

・Pages (.pages)
・Numbers (.number)
・Keynote (.key)

・PDF (.pdf)
・JPEG (.jpeg, .jpg)
・PNG (.png)

 

2.スライドショー
写真投写中にオプションからスライドショー設定することで、選択した写真をスライドショーで見ることができます。

1. 写真投写中に右上の“オプション”ボタンをタップし、
スライドショーを“オン”にし、投写時間を設定します。
2. “ポップオーバー”以外の部分をタップし、“オプション”
ポップオーバーが消えると、スライドショーが始まります。

※ スムーズなスライドショーのため、写真の順番変更が可能です。

3.順番変更したい写真を長押し(ホールド)すると、
写真アイコンがブルブルと震えだすので、
そのまま希望の位置まで移動させます。

 

3.iCloudサポート(Apple iOS端末のみ)

Projector Quick Connectionのドキュメントに保存されているファイルは自動でiCloudにアップロードされ、同じiCloudのアカウントを使うiPadやiPhoneから同じデータを見ることができます。

1)iCloud設定

1. iCloudのアカウントを登録しておきます。
2.Projector Quick Connectionの[設定]-[iCloud]設定を“オン”にします。
3.[コンテンツ]-[ドキュメント]にiCloud上にあるファイルがダウンロードされます。

*iCloudのファイルアップロード・ダウンロードは、Wi-Fi/3G/4Gなどの通信速度に関係なく利用できます。

お知らせ
・iCloud設定が“オン”の場合、[コンテンツ]-[ドキュメント]はiCloud上のファイルを利用します。
・iCloud設定が“オフ”の場合、[コンテンツ]-[ドキュメント]はiTunesから追加したファイルを利用します。

2)iTunesから入れたファイルをiCloud上に追加する方法(iCloud設定:“オン”)

iTunesから入れたドキュメントをiCloud上に追加するためには、ファイルを手動でiTunesフォルダからiCloud上に追加する必要があります。
*iTunesからドキュメントを追加する方法は[2.ドキュメントの投写]の[iTunesからドキュメント追加]を
ご参考下さい。

1.[コンテンツ]-[ドキュメント]の画面で右上の”+”ボタンをタップ
2.ポップオーバー(iTunesからコピー)のドキュメントリストから、
iCloud上に追加するファイルを選択します。  3.選択が終わったら
ポップオーバー右上の“追加(Add)”ボタンをタップします。
iTunesから追加したドキュメントがiCloud上に追加されます。

*iCloud上に保存されているドキュメントのiTunesフォルダへの追加には対応していません。

 

4.マーカー

コンテンツ(ドキュメント、写真、Webページ、カメラ)上に指で描画し、その画面をプロジェクターの大画面で投写することができます。

1) 描画機能

@コンテンツ投写時、→上の[ペン]ボタンをタップします。
します(iPhoneでは画面下にあります。)
A線の色、太さを自由に設定します。
B自由に描画します。※ペンは[ペン]、[蛍光ペン]、
[図形]から選択する事ができます。

2) 別のアプリで開く / カメラロールに保存
描画した画面は“.png”形式で、[別のアプリで開く] 又は、[カメラロールに保存]ができます。

マーカー機能動作中に、右上の[オプション]ボタンをタップすると、
[別のアプリで開く]または、[カメラロールに保存]が
選択できます。

 

5.簡単Web Control アクセス

1) 簡単Projector Web Control アクセス
日立プロジェクターの様々な設定をWebページからコントロールできるProjector Web Controlに簡単にアクセスできます。

簡単Projector Web Control アクセス

Projector Web Controlを使用するには、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

ユーザー名とパスワードの初期設定は以下の通りとなります。

ユーザー名: Administrator
パスワード: (工場出荷時は設定されていません)


* Crestron Room ViewerはFlashで作られているため、
iOSには非対応です。
* Projector Web Controlの詳細はネットワーク取扱説明書を
ご参照ください。

 

6.セキュリティ機能

セキュリティ機能は不正な使用者からのコンテンツ投写およびプロジェクター制御を防止する機能です。本機能を使用するためには、事前にプロジェクター側のセキュリティ設定およびアプリ側のパスワード入力が必要になります。

 

1)プロジェクター側のセキュリティ設定

ステップ1. プロジェクターWebコントロールにアクセスします。
※ プロジェクターWebコントロールはPJ Quick Connectionアプリの
「プロジェクター」-「プロジェクターセットアップ(プロジェクター
アイコンの(i)マーク)」の「プロジェクターWebコントロールを開く」で
アクセスすることができます。
ステップ2.[セキュリティ設定]-[ネットワークプレゼンテーション]のパスワードを設定してください。
(ネットワークプレゼンテーションのみを制限する場合、本設定は不要です。)
続けて、[ポート設定]-[ネットワークコントロールポート1(Port:23)]の“ポートオープン”と
“認証”の両方のチェックボックスを有効にしてください。

*注意事項: 本パスワードは、ネットワーク制御 ポート 1(ポート: 23)またはポート2(ポート:9715)を使用したプロジェクター制御、およびPJLink、マイ イメージ、メッセンジャーの各機能で共通で使用されるものです。これらの機能をご使用の場合、パスワードが変更になりますので、ご注意ください。

*iTunesからドキュメントを追加する方法は[2.ドキュメントの投写]の[iTunesからドキュメント追加]を
ご参考下さい。

ステップ3. [セキュリティ設定]-[ネットワークプレゼンテーション]のパスワードを
設定してください。(プロジェクター制御のみを制限する場合、
本設定は不要です。)
ステップ4. 変更した設定を反映させるため、プロジェクターWebコントロールの
「ネットワークリスタート」を実行してください。
 

2)アプリ側のパスワード入力

ステップ1. PJ Quick Connectionを起動し、コントロールするプロジェクターの
セットアップを開きます。
ステップ2. [セキュリティ設定]-[プロジェクター制御]および[ネットワーク
プレゼンテーション]に、プロジェクターに設定した
パスワードを入力してください。
※ パスワードを削除する場合は、入力したパスワードを
消して、“完了”をタップしてください。


参考:アプリに設定しているパスワードとプロジェクターに設定されているパスワードが不一致の場合、“プロジェクター制御”および、“コンテンツ投写”を実行すると、パスワード入力画面が表示されます。本画面でプロジェクターに設定されている正しいパスワードを入力すると、2)-step2の「セキュリティ設定」にも自動的に反映されます。

対応機器と接続設定

 

1.対応機器(2018年8月現在)

アプリ名 対応OSバージョン
Projector Quick Connection for iPad (無料) iOS 8.0以降

Projector Quick Connection for iPhone (無料)

iOS 8.0以降

Projector Quick Connection for Android (無料)

Android 2.3以降

【プロジェクター】

実際に使用するには別売オプションのUSBワイヤレスアダプター(USB-WL-11N)が必要です。

USBワイヤレスアダプター(USB-WL-11N)

●ホール/大会議室/
 イベント:
 常設・9000シリーズ

・CP-WU9100WJ
・CP-WU9100BJ
・CP-X9110J
・CP-WX9210J
・CP-WU9410J
・CP-X9111J
・CP-WX9211J
・CP-WU9411J

●ホール/大会議室/
 イベント:
 常設・8000シリーズ

・CP-X8800WJ
・CP-X8800BJ
・CP-WX8750WJ
・CP-WX8750BJ
・CP-WX8650WJ
・CP-WU8700WJ
・CP-WU8700BJ
・CP-WU8600WJ
・CP-X8170J
・CP-X8160J
・CP-WX8255J
・CP-WU8450J
・CP-SX8350J
・CP-X8150J

●教室/中・小会議室:
 常設・LED光源

・LP-GU4001J

●教室/中・小会議室:
 ポータブル・5000シリーズ

・CP-WU5505J
・CP-WX5505J
・CP-X5555J

●教室/中・小会議室:
 ポータブル・小型

・CP-WX4022WNJ
・CP-X4022WNJ
・CP-WX4041WNJ
・CP-X4041WNJ
・CP-X3030WNJ

●教室/中・小会議室:
 超短投写・ミラー反射型
 (電子黒板機能付き)

・CP-TW3506J
・CP-TW3005J

●教室/中・小会議室:
 超短投写・ミラー反射型

・CP-AX3505J
・CP-AW3005J

●教室/中・小会議室:
 超短投写・直接投写型

・CP-BW302WNJ
・CP-BX302WNJ

●教室/会議室・スイッチャー
・MS-1WLJ
・MS-1J


 

2.接続設定

 

1) Wi-Fi設定

Projector Quick Connectionと日立プロジェクターを接続するためには、スマート端末と日立プロジェクターを、同一のWi-Fiネットワークに接続する必要があります。
また、日立プロジェクター側は、オプションのUSBワイヤレスアダプター(USB-WL-11N)が必要です。

動作中のUSBワイヤレスアダプター(USB-WL-11N)

@日立プロジェクターのWi-Fi設定
日立プロジェクターをWi-Fiネットワークに接続するには、次の手順で操作してください。

1.  USBワイヤレスアダプターを本体にセット

2.  プロジェクターメニューの「ネットワーク」-
 「無線LAN設定」から設定してください。

* 無線LANの設定は取扱説明書(こちら)を参考にしてください。


日立プロジェクターは、インフラストラクチャー・モード、シンプルアクセスポイント・モード/アドホック・モードに対応しています。

日立プロジェクターのWiFi設定(インフラストラクチャー・モード、シンプルアクセスポイント・モード/アドホック・モード

*Android端末の場合、アドホック・モードの接続は非対応です。


AiPad/iPhoneのWi-Fi設定
iPad/iPhoneをWi-Fiネットワークに接続するには、次の手順で操作してください。

1.
ホーム画面で「設定」アイコンをタップ。
2.
「Wi-Fi」の項目をタップで選択し、「Wi-Fi」をオンにする。
3.
「ネットワークを選択」で、日立プロジェクターが登録されているネットワークを選択。

BAndroid端末のWi-Fi設定
Android端末をWi-Fiネットワークに接続するには、次の手順で操作してください。

1.
ホーム画面で「設定」アイコンをタップ。
2.
「Wi-Fi」の設定をONにし、日立プロジェクターが登録されているネットワークを選択。
 

2) スマート端末とプロジェクターの接続

スマート端末のProjector Quick Connection(PJ Connection)アプリを起動し、“[ディスカバリー]ボタンディスカバリー”ボタンをタップすると、日立プロジェクターの自動検索を行います。検出されたプロジェクターをタップし、“保存”ボタンをタップすることで、日立プロジェクターの登録が完了します。

1. PJ Connectionを起動します。
2. 右上の“ディスカバリー”ボタンをタップし、
自動検索・接続可能なプロジェクターを一覧表示します。
3. 接続するプロジェクターのアイコンをタップし、入力
チャンネルを選択後、“保存(Save)”ボタンをタップします。
4. プロジェクターの登録が完了し、アイコンが表示されるので、
接続したいプロジェクターアイコンをタップします。

プロジェクター手動登録

1. ディスカバリーの右上にある“+”ボタンをタップします。
2. “セットアップ”からプロジェクター名、IPアドレス、
入力チャンネルを選択し、“検証”ボタンをタップ
→“保存(Save)”ボタンをタップします。

登録したプロジェクターの修正

プロジェクターアイコン右下の“infomation(information)”をタップすると、“セットアップ”からプロジェクターの修正が可能です。

*入力チャンネルの追加・削除
プロジェクターアイコン右下の“Information”をタップし、
“セットアップ”から入力チャンネルの追加・削除できます。
*入力チャンネル名の変更
プロジェクターアイコン右下の“Information”をタップし、
“セットアップ”から入力チャンネル名を修正することができます。

アプリダウンロードについて

 

1.iOS 用アプリ

iTunes®のApp StoreSMから専用アプリをダウンロードする必要があります。

アップストア アイコンProjector Quick Connection for iPad

アップストア アイコンProjector Quick Connection for iPhone

 

2.Android用アプリ

Google playから専用アプリをダウンロードする必要があります。

ANDROID APP ON Google playProjector Quick Connection for Android

Tips

Dropboxは、米国Dropbox, Inc.の商標または登録商標です。
Evernoteは、米国Evernote Corporationの商標または登録商標です。
iPad、iPhone、iTunesは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
「Android™」および「Android™ロゴ」はGoogle Inc.の登録商標です。
Google Play(旧 Android マーケット)および Google Play ロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
全ての機種について動作保証をするものではありません。機種によっては、動作が不安定になることや、うまく動作しない場合があります。
その他の会社名および製品名も各社の商標・登録商標です。