本文へジャンプ

Hitachi

プロジェクター

「シンプル操作で、誰でも活用できるプロジェクターを小中全教室に導入」
教室のICT化に貢献する日立のプロジェクター

板橋区では2016年度までに、電子黒板、実物投影機、デジタル教科書が区立小中学校全教室(約1,000台)に導入されます。その中で、日常的なICT活用のカギを握る電子黒板に採用されたのが、日立マクセルの電子黒板機能付きプロジェクター『CP-TW3003J』です。

ここでは、導入のねらいを板橋区教育支援センターに伺うとともに、小学校における活用の様子をご紹介します。

「板橋区立板橋第八小学校」授業風景写真

左右にスライドできる“電子黒板プロジェクター+ホワイトボード”。黒板の板書スペースを減少させず、マグネットスクリーンを張る手間も不要。
板橋区立板橋第八小学校の伊藤賢 主幹教諭の授業から

導入の背景:全教室整備で、ICT活用の日常化を目指す

政府が掲げる学校のICT環境整備の中間目標「教育のIT化に向けた環境整備4ヵ年計画」の期限が2017年と迫るなか、板橋区は 2014年度に策定した「板橋区教育 ICT化推進計画」のもと、2015年度に区立小学校の全普通教室(723教室設置)に電子黒板、実物投影機、デジタル教科書を導入されました。2016年度には、区立中学校の全普通教室(273教室設置予定)にも整備し、学習課題に対する児童生徒の興味・関心を高め、思考や理解を深めることを目的にICT活用を推進しています。

導入後の各校でのスムーズな運用をサポートする教育支援センターの伊藤誠一教育ICT推進係長より、「以前導入していたプロジェクターでは準備に手間がかかって使いづらい面がありました。そこで、常設型の『CP-TW3003J』を採用していつでも快適に使える環境にするとともに、すべての教室に整備することで先生方にも本気になって活用してもらいたいと考えました」と、全教室に一斉導入した理由を語ってくださいました。

また、導入にあたっては、先生方が普段使いできる実物投影機とセットにすることで利活用を促進し、次のステップとなるデジタル教科書の活用につなげることを意図しています。これを将来的なタブレット端末の導入に発展させていく意向とのことです。

伊藤誠一教育ICT推進係長 写真

伊藤誠一 教育ICT推進係長

導入の理由:決め手は超短投写と使いやすさ

こうしたなか、黒板やホワイトボードの投写画面上に文字や図形などを書き込める電子黒板機能を内蔵した『CP-TW3003J』を採用する大きな決め手になったのが、超短投写型なため80型の大画面投写をスクリーンから約27cmで実現できることでした。「これにより、投写画面の前に立ってもまぶしさや影の影響を受けにくくなるのはもちろん、省スペースで教室の仕様を問わない設置が可能になりました。」と指摘されています。

加えて、電子黒板用ソフトとして高い評価を得ている「StarBoard Software」を採用されたほか、入力切替えなどの基本操作ができるスイッチャー『SB-2J』も設置することで使いやすさを追究されています。

今後の教員へのサポートについても「夏季研修や各校での操作研修に力を入れるほか、次年度からはICT支援員を派遣する予定です」と抱負を語ってくださいました。

インターフェーススイッチャー「SB-2J」

壁掛け(天吊り)設置したプロジェクターの入力切替えなどが手元でできるスイッチャー『SB-2J』

電子黒板機能付プロジェクター導入の効果・メリット:視覚に訴える授業で児童も集中

では、導入校での評価はどうでしょうか。9月に導入された板橋区立板橋第八小学校(西谷 秀幸 校長)の伊藤 賢 主幹教諭は「電子黒板を使用するのは初めてでしたが、シンプルな操作で使いやすいですね。全教室に整備されて、先生方のモチベーションも上がっています」と語ってくださいました。

その上で、「鮮明な映像により、そのつどカーテンを閉めたりする必要がないこと」「画面の拡大や縮小が容易にできること」「手書きの文字や図形などを自動で整形してくれる電子黒板用ソフトが気に入っていること」を挙げていただきました。

また、これまでの授業と比較しても「画像やアニメーション機能で視覚に訴えやすいので児童の反応が違います。しかも、ホワイトボードに教科書を映して授業を進められるので、特に低学年の子は集中しやすい。これは大きな差だと思います」と強調されていました。

「導入から日が浅いのも事実で、今後は電子黒板を教員の説明ツールとして利用するだけでなく、発表など児童が直接操作するアクティブな場面をもっと増やしていきたい」と意欲を覗かせておられました。

(学習情報研究 2016年3月号に掲載)

電子黒板の投写画面上への電子ペンによる文字や図形の描画

投写画面上に電子ペンを使い、
文字や図形を描画できる

板橋区教育委員会 様にご採用いただいた導入機器

電子黒板機能内蔵プロジェクター:CP-TW3003J

【本体】
プロジェクター CP-TW3003J

インターフェーススイッチャー:SB-2J

【スイッチャー】
インターフェーススイッチャー SB-2J

*
本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があります。ご了承ください。
*
本サイトで紹介しております導入事例についてのお問い合わせは、日立マクセル株式会社 光エレクトロニクス事業本部が承っております。ご導入のお客様ならびに掲載企業への直接のお問い合わせはご遠慮願います。