ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

XMAP3:体験版

XMAP3に興味を持たれた方、XMAP3の導入をこれから検討される方のために、XMAP3を使って試せる体験版を用意しております。ご希望の方は弊社営業までお問合せください。

体験版ソフトウェアの概要

「XMAP3 Version5 体験版」

XMAP3 の画面・帳票を作成し表示・印刷できる体験版を提供しています。
COBOL2002体験版と合わせてご利用ください。
体験版ではXMAP3の以下の製品機能を確認できます。是非お試しください。

XMAP3 Developer Version 5
画面・帳票の開発、開発環境のセットアップ、ポップアップメニューエディタなどを体験できます。
(注)「Java言語ツール」およびWeb環境の開発はできません。
XMAP3 Developer 開発支援ユティリティ Version 5
日立メインフレームの画面・帳票定義を流用するなど、定義済みの画面・帳票資産を他のデバイス用に変換したり、出来上がった定義体を比較したりできます。
XMAP3 Server Runtime Version 5
スタンドアロン環境での画面・帳票の表示と印刷、表示・印刷の実行環境セットアップ、ハードコピー、ログ採取などができます。
(注)「C/Sセットアップ」およびC/S環境でのアプリケーションの実行はできません。