ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

VMwareは仮想化OS環境を実現する製品です。1台のサーバマシン上に複数の仮想マシンを作成して同時に複数のOSを実行させることができます。
この仮想マシンは、BIOS、メモリ、ディスク、ネットワークインタフェース(NIC)、I/Oデバイス、CPUなど仮想化されたハードウェアで構成され、OSやアプリケーションは仮想ディスクにインストールします。これにより、仮想マシン上のOS(ゲストOS)は、自身を物理ハードウェア上で稼働しているものとして認識します。
仮想マシン上のOSおよびアプリケーションは、Windows®、Linuxのいずれの場合も、物理マシン上で稼働する場合と同様に機能します。

VMware使用イメージ

特長

VMwareを使用してサーバを統合することで、次に挙げた様々なメリットをもたらします。

サーバの保守費用削減

サーバ台数を削減して一括管理することで、管理コストを抑えることができます。
現在ご使用中のOS上で動作するソフトウェア環境を活用できるため、既存のソフトウェア資産を活かすことができます。

サーバの物理的占有スペース削減

複数のサーバシステムを統合し、集約率の高いシステムが構築できます。

レガシーシステム延命

保守切れやリース期限切れで行き場のなくなったWindows® 2000 Server/Windows NT®を仮想マシン上に移行することで、運用を継続することができます。レガシーシステムコンソリデーションの場合は新しい環境への移行が第一ですが、既存環境の再利用を最優先とした場合に有効です。
なお、レガシーOSと日立ミドルウェア製品との組み合わせでは、注意事項があります。
詳細は、こちらを参照ください。

テスト用サーバの効率化

事前に構成済みの仮想マシンに開発のテスト環境をライブラリとして保存できるので、クリーンな状態へのロールバックが簡単に行えます。短時間で効率的なパッチテストが可能です。

高性能なサーバリソースを有効活用

状況に応じたサーバリソースの割り振りが可能になるため、サーバの稼働率を高め、効率的なサーバ統合が図れます。

VMware 適用分野