ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

機能一覧

分類 機能 内容
検索機能 簡易検索 一般のインターネット検索と同様な操作感でキーワードを入力・検索できます。
キーワード候補表示 入力されたキーワードにあわせて、キーワード候補を一覧で表示します。
絞り込み検索 簡易検索に、ファイル名・ファイル形式といった条件を追加できます。
以下の6項目を条件として追加できます。
  • ファイル名
  • ファイル形式
  • 日付
  • ユーザー名
  • 検索範囲(検索先)
  • アドレス(フォルダ名/URL)
詳細検索 簡易検索よりも、さらにきめ細かくキーワードの指定ができます。
  • 指定されたキーワードをすべて含む
  • 指定されたキーワードのいずれかを含む
  • 指定されたキーワードを含まない
簡易検索よりも、さらにきめ細かくキーワードの指定ができます。
自然文検索 キーワードの代わりに文章を指定して、その文章と似た内容を含む情報(コンテンツ)を検索できます。
類似文書検索 選択した文書と「内容が似ている文書」を検索できます。
アクセス権判定 ファイルサーバ・Notes検索・Groupmax Collaborationの検索では、アクセス権を判定することができます。Webサイトの検索では、収集時にアクセス権限を設定できます。
検索結果一覧並び替え 検索結果は、キーワードの一致順に加え、日付の新しい順・古い順で表示できます。
仮想フォルダー 検索結果を絞込むための条件を、フォルダーアイコンとして登録できます。フォルダーアイコンをクリックするだけで、絞込み検索ができるようになります。
検索条件保存 検索に使用した条件を保存できます。保存した条件はマウスクリックだけで呼び出し・再検索できます。
収集機能 Webサイト収集 インターネット・イントラネットの指定されたWebサイトの情報を収集できます。
NTFS(ファイルサーバ)収集 ファイルサーバ上の共有フォルダ内の情報を収集できます。
Notes収集 Notes/Domino 文書データベース内の情報を収集できます。文書の添付ファイルの情報も収集します。
RDB収集 以下のデータベース内の情報を収集できます。
  • Oracle
  • Microsoft SQL Server
  • HiRDB
Groupmax収集 コラボレーションポータル(グループウェア)「Groupmax Collaboration」の会議室情報・掲示板情報及びファイル共有に登録したファイルの内容を収集できます。
RSS収集 Webサイトの更新情報である「RSS」を収集できます。
クローリング(収集)のスケジューリング機能 クローリング(収集)の実行時間を、「毎日午前1時」「2時間ごと」「週1回」など、スケジューリングできます。
あいまい(異表記)検索機能 大文字・小文字対応 キーワードを指定するときに、アルファベットの大文字・小文字を意識せずに指定・検索できます。
全角文字・半角文字対応 キーワードを指定するときに、全角文字・半角文字を意識せずに指定・検索できます。
同義語辞書対応 同じ意味を持つ異なる単語(「コンピューター」と「電子計算機」など)を登録して、どちらをキーワードに指定して検索しても双方がヒットするようにできます。
ユーザ画面 一般ユーザ画面 Webブラウザ(InternetExplorer 7以降)があれば利用可能です。
管理者画面 管理者操作も大部分をWebブラウザで操作可能です。
ログインレス利用 アクセス権判定が不要なら、ログインレスで利用できます。
ユーザ管理機能 ユーザ管理 ユーザ管理機能により、簡単に利用者を制限できます。
一括登録 管理者画面でユーザ情報のメンテナンスを簡単に行えます。
Active Directory・Notesユーザ管理連携 Active Directory/Notesユーザ管理といった外部ユーザ管理システムと連携できます。
統計レポート機能 ランキング情報 検索キーワード、参照情報(コンテンツ)のランキング情報を表示します。
検索統計情報 検索回数、検索時間の統計情報を表示します。
クローリング統計情報 クローリング件数の統計情報を表示します。
Groupmax連携機能 検索ポートレット コラボレーションポータル(グループウェア)「Groupmax Collaboration」の画面に配置できる検索用ポートレットを用意しています。
開発者向け機能 開発用API キーワード検索や日付検索の実行、検索結果の取得などの処理をJavaのプログラムから実行できます。

収集・検索可能なファイル形式

ファイル形式 文字コード/バージョン
テキスト形式
(拡張子:.txt)
SJIS、JIS、EUC-JP、UTF-8
HTML形式
(拡張子:.htm、.html)
SJIS、JIS、EUC-JP、UTF-8
XML形式
(<? xml version="1.0" ?>から始まるファイル)
SJIS、JIS、EUC-JP、UTF-8
RTF形式 1.3、1.4、1.5
Microsoft Word 形式 95、97、98、2000、2002、2003、2007、2010、2013
Microsoft Excel 形式 95、97、2000、2002、2003、2007、2010、2013
Microsoft PowerPoint 形式 95、97、2000、2002、2003、2007、2010、2013
一太郎 形式 7、8、9、10、11、12、13、
2004、2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011、2012
PDF 形式 1.2、1.3、1.4、1.5、1.6、1.7、
および ISO 32000-1準拠
OASYS 形式 5、6、7、8、2002
DocuWorks 形式 4、5、6
Lotus 1-2-3 形式 R5J、97、98、2000、Millennium Edition
Groupmaxメール形式
(拡張子:mlf)
Groupmax Version 7
(Groupmax Collaboration連携時のみ)
IFilter*1を使用してテキスト抽出可能なファイル形式およびバージョン
(導入するIFilter用ライブラリに依存)
*1
各種アプリケーションからテキストデータを抽出するためのMicrosoft Indexing Service用のテキスト抽出拡張コンポーネントです。テキスト抽出可能なファイル形式のバージョンなど、IFilterに関する情報は各IFilterの提供元にご確認ください。