ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

世界最高レベルの検索性能!
高速全文検索エンジン 「Bibliotheca2 TextSearch」

企業やさまざまな研究機関では、知的財産として膨大な文書を所有しています。これらの文書は整然と管理されていても、その中から必要な情報をすばやく検索することは困難です。

Bibliotheca2 TextSearch は文書(テキストデータ)は、膨大な文書の中から必要な情報を瞬時に探し出すことができる世界最高レベルの検索エンジンです(100万文書の情報を1秒以内で検索できます*1)。

また、Bibliotheca2 TextSearch で管理するテキストデータベースには、XML(Extensible Markup Language)やSGML(Standard Generalized Markup Language)で書かれた文書、つまり、見出しや段落などの構造を明確に定義した構造化文書を登録できます。定義した構造は検索条件として利用することができます。

文書の構造のほかにも、さまざまな検索条件を指定できるので、用途に合わせたきめの細かい柔軟な検索が実現可能です。

*1
新聞記事換算。弊社環境での測定による。

製品イメージ画像


たとえば銀行で・・・
〜お客様からの問い合わせに迅速に対応できます〜

  • 企業プロフィールや企業訪問報告書、企業調査報告書などの多様な文書データベースを、本店や各支店で蓄積・管理。多角的な観点で必要な情報をすぐに探し出し、迅速な融資判断が行えます。
  • 窓口でのお客様からのお問い合わせに対して、適切な手続きを事務手続き集から検索でき、迅速な対応が可能です。

たとえば研究部門で・・・
〜業界の最新動向を収集し、より的確に研究を進めることができます〜

  • 企業の研究部門にある大量の論文、報告書、特許情報などを効率よく管理できます。部門内の情報の共有化が容易に図れるとともに、ペーパーレス化によるスペースの削減が推進できます。
  • 知りたい分野や技術に関する論文、報告書を自分の机からすばやく検索し、参照することができます。

たとえば自治体で・・・
〜Webブラウザでも検索することで住民サービスの向上がはかれます〜

  • 議事録や法規文書、公文書など、日々蓄積される膨大な公的文書を容易に管理・検索できます。さらに、情報を広く住民に公開することで、住民サービスの向上が図れます。
  • イントラネット/インターネットを経由して、他の部門や遠隔地の自治体と情報のやりとりが行えます。