ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

基本機能(ソート/マージ/コピー)と組み合わせて使用する付加型の機能で、レコード選択機能、レコード集約機能、レコード編集機能、ファイル分割機能、ファイル連結機能、およびファイル編成変更機能の6種類が用意されています。

レコード選択機能

選択条件に合ったレコードを抽出します。
選択は、選択する内容に合った項目を比較項目とします。

レコード選択機能:条件にあったレコード抽出

また、項目同士を比較してレコードを抽出することもできます。

レコード選択機能:項目同士を比較したレコード抽出

レコード集約機能

複数のレコードをひとつに併合し、指定した項目の値を合計します。
集約は、データ中の文字または数値をキーとします。

レコード集約機能

レコード編集機能

レコード内の任意の部分を選択したり、任意のデータを埋め込んだりすることで、レコードの項目を新たに再構成します。

レコード編集機能

ファイル分割機能

大容量データをレコード件数、ファイルサイズ、またはキーの分割方法で小容量データに分割します。
分割後のファイル名を自動生成することができます。

ファイル分割機能【件数分割】

ファイル分割機能【サイズ分割】

ファイル分割機能【キー分割】

ファイル連結機能

複数のファイルを1つのファイルに連結します。
入力ファイルは、総称名(例:*.dat)または格納先ディレクトリ名を指定できます。
マージ機能と組み合わせることで、ソート済みデータを作成することができます。

ファイル連結機能

ファイル編成変更機能

出力ファイルを、入力ファイルと異なるファイル編成に変更できます。

ファイル編成変更機能

ファイル編成変更機能では、レコードの伸縮やテキストファイル出力時の改行コード自動付加ができます。また、可変長順ファイル出力時に、制御情報のエンディアンの選択ができます。

ファイル編成変更機能【レコードを縮める】

ファイル編成変更機能【レコードを伸ばす】

ファイル編成変更機能【改行コード自動付加】