ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

ミドルウェア移行支援ソリューション

日立ミドルウェアに安心して移行するために専門技術者が、豊富な経験とノウハウを活かして事前アセスメントなどを行ない、スムーズな移行を全力でサポートいたします。

ミドルウェア移行支援ソリューションとは

他社ミドルウェアから日立ミドルウェアへの移行、日立ミドルウェアのバージョンアップ、プラットフォームの変更にともなう移行を支援

他社ミドルウェアから日立ミドルウェアへの移行や日立ミドルウェアのバージョンアップ、プラットフォームの変更にともなう移行を支援します。
本ソリューションでは、uCosminexus Application Server、HiRDB、COBOL2002、EUR、JP1/Automatic Job Management System 3への移行が対象となります。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:ミドルウェアの移行をスムーズに行いたい

【現状】製品知識が不足しているためミドルウェアの移行ができるか不安

ミドルウェアの移行ができるか不安

システムの更改や、見直しなどに伴い、以下の移行が発生する場合があります。

  • 他社製品(アプリケーションサーバ、データベース、COBOL、帳票、ジョブ運用管理)からの移行
  • ミドルウェアの動作プラットフォーム(ハード、OS)の移行
  • ミドルウェアのバージョンアップ
  • オンプレミスからクラウド環境への移行

これらの移行時には、製品知識の不足やアプリケーションの移行の難易度が不明といった課題や悩みがあります。

【解決】技術支援によるスムーズな移行の実現

調査/計画「スターターサービス(移行アセスメントなど)」→アプリケーション移行「テクニカルサービス(アプリケーション変換、チューニングなど)」→テスト

本ソリューションでは、「スターターサービス」で、移行の難易度判定や移行工数の見積もりを支援します。また、「テクニカルサービス」で、既存のアプリケーションを日立ミドルウェアで動かすための変換や、チューニングなどの日立ミドルウェアの技術的な支援を行います。

これらによって、他社ミドルウェアから日立ミドルウェアへの移行や日立ミドルウェアのバージョンアップ、プラットフォームの変更にともなう移行が、スムーズに実現できます。