ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

システム間連携基盤ソリューション

SOAの考え方に基づき、システム間の連携パスを一元管理し、システム改修などの工数削減を支援します。

システム間連携基盤ソリューションとは

システム間連携基盤イメージ

システム間のメッセージ連携やファイル転送、大量データ転送などの連携パスを一元管理することにより、システムの追加や変更にともなう影響範囲を明確にし、システム改修などの工数削減を可能とする、システム間連携基盤の導入を支援します。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:システム改修・構築・運用のコスト削減

【現状】システム間連携が複雑化し、システムの改修に手間がかかる

個別最適なシステム→システム間の連携が複雑で、システム改修に工数がかかる

業務ごとに個別最適なシステムでは、システム間の連携が複雑になるため、システム改修に工数が掛かったり、保守・運用に工数が掛かったりします。

【解決】システム間連携基盤の導入によるシステム改修の容易化

全体最適なシステム→システム連携パスの一元化によるシステム改修の容易化

システム間の連携パスをシステム間連携基盤で一元管理することで、システムの追加や変更にともなう影響範囲が明確になるため、システム改修などの工数が削減できます。また、各システムはシステム間連携基盤に接続するだけでよく、連携先のシステムごとに連携パスを実装する必要がなくなるため、構築が容易になるとともに、保守・運用の工数も削減できます。

説明資料

仮想化・クラウド導入におけるシステム上の課題として、運用管理コストの増大がよく挙げられています。システムの品質を維持しつつ、運用管理コストを削減するには、「ミドルウェア共通化」がおススメです。是非ご参照ください。
*
ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービス、Hitachi IT Platform Magazineメールに登録する必要があります。

関連事例

段階的に利用できるスケーラビリティ、サービスレベルの高い業務に安心して使える安定性などを高く評価し、導入していただいた事例です。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
連携 システム間連携基盤 uCosminexus Service Platform
高速大容量データ転送基盤 JP1/Data Highway
ファイル転送 JP1/File Transmission Server/FTP

SOA/BPM(新規ウィンドウを表示)