ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

サーバー移行支援ソリューション

サーバー移行支援ソリューションとは

サーバのハードウェア老朽化対策や、クラウド化・仮想化のようなLinuxサーバへの移行を効率よく問題なく進めるには、現行の資産を最大限に活用して移行することが重要です。しかし、別OSのサーバに移行する場合、ハードウェアやOSなどの差異によるプログラム資産への影響範囲や量の想定が難しいことが問題となっています。

サーバ(AIX、HP-UX、Solarisなど)のハードウェア老朽化対策や、クラウド化・仮想化のようなLinuxサーバへの移行を効率よく問題なく進めるには、現行の資産を最大限に活用して移行することが重要です。しかし、別OSのサーバに移行する場合、ハード(CPU)やOSなどの差異によるプログラム資産への影響範囲や量の想定が難しいことが問題となっています。
本ソリューションでは、移行(マイグレーション)で生じる影響を調査することで、プログラム資産の効率的な移行を支援します。移行による影響を定量的に調査できるので、移行工数の見積もりに役立ちます。また、移行時の問題点や課題を事前に摘出できるので、移行作業時の工数拡大などを防ぐことができます。
これらの支援は、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:現行システムのプログラム資産を有効に使いたい

【現状】サーバ移行のためのプログラム資産の修正箇所・修正量が不明

現行システムを新システムに移行する場合、ハードウェア、API、コマンドの差異など、プログラム資産に影響を与える要因により、プログラム資産の修正が必要です。このため、どこをどのくらい修正すればよいかを調査、分析する必要があります。

現行システムのプログラム資産を新システムに移行する場合、ハードウェア、API、コマンドの差異など、プログラム資産に影響を与えるさまざまな要因により、プログラム資産の修正が必要です。例えば、シェルスクリプトの場合、OSによってコマンドの一部に仕様差異があるため、コマンドにオプションを付加するなどの修正が必要になります。
適切な移行工数の見積もり、および効率的なプログラム資産の移行のためには、どのような影響がどれだけあるのかを調査・分析することが求められます。

【解決】プログラム移行診断サービスにより、移行による影響を調査

サーバー移行支援ソリューションでは、プログラム資産の移行による影響を調査する「プログラム移行診断サービス」をご提供しています。このサービスを移行分析フェーズで実施することで、移行による影響を明確できます。

本ソリューションでは、プログラム資産(Cプログラム、COBOLプログラム、Javaプログラム、シェルスクリプト)の移行による影響を調査する、「プログラム移行診断サービス」をご提供しています。このサービスを移行分析フェーズで実施することで、移行による影響を明確にすることができます。
プログラム移行診断サービスでは、プログラム資産の移行による影響を定量的に調査します。この調査結果を基に改修内容や規模を判断できるので、移行工数の見積もりの根拠としてご利用いただけます。また、調査結果を移行設計に反映することができるので、効率的に移行を実施できます。
シェルスクリプト診断サービスでは、AIX、HP-UX、SolarisのシェルからLinuxのシェルへの移行診断だけでなく、JP1/Advanced Shellへの診断も実施できます。JP1/Advanced Shellを使うことで、Windowsへもシェルスクリプトを移行できます。
COBOLプログラム診断サービスでは、日立COBOL2002の移行性だけでなく、他製品からの移行性や製品固有の仕様についての診断も実施できます。

プログラム移行診断サービスでご提供する情報

プログラム移行診断サービスでは、移行に伴うプログラム資産(C、COBOL、Javaプログラム、シェルスクリプト)への影響を調査し、ご報告します。

プログラム移行診断サービスでは、Linux、HP-UX、AIXへの移行に際し、プログラム資産への影響を調査し、ご報告します。
ツールのチェックに該当した件数や修正要否の重要度、該当箇所などの情報を報告書にまとめてご提供します。

サーバ移行におけるプログラム移行診断サービスの位置づけ

サーバを移行するには、移行先サーバの信頼性の確保や長期サポートサービスの確保などの課題があります。
例えばLinux移行の場合、日立は移行の課題に対して次のような取り組みをしており、プログラム移行診断サービスを移行支援のサービスとして位置づけています。

Linuxに移行する場合、信頼性や可用性の確保、移行支援のサービス拡充といった課題があります。日立はこのような課題に対してサポートサービスなどとして取り組んでいます。その1つとして、プログラム移行診断サービスを移行支援のサービスとして位置づけています。

紹介リーフレット

サーバー移行支援ソリューションの詳細については、下記のリーフレットをご参照ください。

関連製品一覧