ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

OpenTP1 システム進化ソリューション

OpenTP1 システム進化ソリューションとは

OpenTP1を使ったオンラインシステムの性能・信頼性には満足しているけれど・・・、将来課題にどう対応できるか?将来課題:Web化・他システム連携(システム拡張)、スマートフォン・タブレット(新技術対応)、サーバー更改(移行コスト削減)

OpenTP1を使ったオンラインシステムの性能・信頼性には満足しているけれど、このままではIT技術の進歩にうまく対応できないのではないか?今後も使い続けて大丈夫なのか?という不安をお持ちの方もいらっしゃいます。

OpenTP1 システム進化ソリューションは、こういったOpenTP1システムをWeb化したり、スマートデバイスから利用できるようにするなど、最新の技術、トレンドに対応させることで、長く安心してご活用いただけるよう”進化”させるソリューションです。

課題1:既存OpenTP1システムをWebから利用したい

【現状】既存OpenTP1システムをWebから利用できないため不便

既存OpenTP1システムをWebから利用したい

業務システムをWeb化するためには、アプリケーションサーバを導入し、Webシステムのフロント部分を、Javaプログラムで作成する必要があります。
また、OpenTP1システムとWebシステムと連携するためには、アプリケーションサーバ上のJavaプログラムとOpenTP1上で動くプログラムを連携する必要があり、複数の言語の知識が必要になります。

【解決】高信頼なシステムを活用しつつWebからの利用を可能にする

既存資産の継続活用、Webシステム部分はJavaで開発!、COBOL連携部分はJava Beanを自動生成、フロント部分はアクセスが容易なWebに

OpenTP1システムとCosminexusアプリケーションサーバを連携するOpenTP1-Java連携機能を使用することにより、Webシステムのフロント部分をJavaで開発し、既存OpenTP1システムと連携させてシステムを拡張することができます。
OpenTP1上で動くプログラムがCOBOLの場合、連携に必要なインタフェース部分のJava Beanは、COBOLで書かれた業務プログラムのソースから自動生成されるので、簡単に連携することができます。
OpenTP1上で動くプログラムがC/C++の場合は、そのまま連携することができます。
このようにして、既存OpenTP1システムのWeb化が簡単にできます。

課題2:既存OpenTP1システムをスマートデバイスから利用したい

【現状】既存OpenTP1システムをスマートデバイスから利用できないため不便

既存OpenTP1システム→社外から緊急で処理したいけど使えない・・・、スマートデバイスのニーズが高いのに対応できない・・・

出張先でOpenTP1システムでの処理が必要になったときでも、会社に戻らなければシステムを使用することができません。せっかくスマートデバイスを持っているのに有効活用できていないという課題があります。

【解決】既存のOpenTP1システムをそのままスマートフォンやタブレットから使用

既存OpenTP1システム←OpenTP1システムをスマートデバイスから使用、モバイルプリンタにもオフィスのプリンタにも出力できます

スマートデバイス対応セキュアリモートデスクトップ「ArrayDesktopDirect」との連携で、OpenTP1システムをそのままスマートフォンやタブレットから使用できます。資料の印刷*1も思いのままです。

*1
:モバイルプリントソリューションを利用

課題3:既存OpenTP1システムの移行時のコストを削減したい

【現状】ハード更改に伴うシステム移行時の検証作業をスムーズにできるか不安

大量の動作確認テストが必要でコストがかかる・・・、膨大なテストケースの作成と実行や確認漏れのリスクが大きい

ハード更改に伴うシステム移行時の検証作業にかかるコストはできるだけ削減したい、もしコストがかさむならこの際刷新したほうがよいのではないかといった不安があります。

【解決】移行時の検証作業を支援し効率化を実現

システム更改のテスト工数を大幅に削減→テスト工数を最大50%削減、新旧の実行結果を自動比較、本番と同じ電文を使用してテスト

OpenTP1へのストレート移行時のテスト工数を大幅に削減できます。
システム検証支援基盤で現環境の通信電文(実行ログ)をキャプチャして記録。この情報を元に現環境と同じ処理負荷を新環境にかけてテストすることができます。また実行結果の通信電文の現新比較を自動化できるので、新環境が正しいことを簡単に確認できます。さらに、電文の間隔を短く調整することなどにより、高負荷テストの実施もできます。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
Java実行環境 アプリケーションサーバ uCosminexus Application Server
OpenTP1-Java連携製品 uCosminexus TP1 Connector
Java開発環境 Webアプリケーション開発環境 uCosminexus Developer
OpenTP1-Java連携開発用 uCosminexus TP1 Connector Developer
OpenTP1-Java連携開発用(Java Bean生成) TP1/COBOL adapter for Cosminexus Version 2
言語 COBOL言語 COBOL2002
スマートデバイス対応 スマートデバイスでの操作 ArrayDesktopDirect(日立ソリューションズ提供)
スマートデバイスからの印刷処理 モバイルプリントソリューション(日立ソリューションズ提供)
システム検証支援基盤 移行テスト支援 Hitachi System Information Capture