ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

ITモダナイゼーションソリューション

ITモダナイゼーションによって、長年使い続けているお客様のシステムを、さまざまな手法でより柔軟に、より扱いやすく近代化していくことができます。

日立のITモダナイゼーションソリューションは、お客さまの現行システム資産の特性や課題/要求仕様を整理し、最適なITモダナイゼーション手法の検討から、実際の構築・保守までを支援します。

ITモダナイゼーション概略図

日立が幅広い分野においてこれまで積み上げてきた基幹システム構築や各種モダナイゼーションの実績のほか、長期にわたり携わってきたシステムの維持・保守から得た多くのノウハウや知見は、次のガイドブックにも反映されています。
今後も、各種サービスの機能拡充を図るとともにシステム再構築案件の課題解決に取り組み、お客さまの次期IT戦略への安全かつ確実な移行を支援していきます。

リドキュメント 〜現行システムを可視化、ドキュメントを再整備する手法〜

現行システムの資産分析やヒヤリングを通じて、現行システムの仕様、設計情報を可視化し、ドキュメントを整備する手法です。

アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス(プログラム仕様可視化サービス)
アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス(業務仕様可視化サービス)
アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス(データ仕様可視化サービス)
業務/プログラム/データに関するドキュメント整備とシステムのホワイトボックス化を図ります。
アプリケーションライフサイクルマネジメントサービスの概要については、下記のリーフレットを参照ください。
アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス(データ仕様可視化サービス)の概要については、下記のリーフレットを参照ください。

リファクター 〜機能をそのままに現行のコードを整理する手法〜

性能や保守性を向上させる為に、現行アプリケーションの設計や実装を見直すことです。マイグレーションの文脈においては、必要な資産の範囲を見極める「棚卸」が重要です。

アプリケーションライフサイクルマネジメントサービス(プログラム資産棚卸サービス)
不要資産を洗い出し、資産のスリム化により保守業務効率化を図ります。
アプリケーションライフサイクルマネジメントサービスの概要については、下記のリーフレットを参照ください。
リファクタリング(スリム化)サービス
リファクタリング(スリム化)サービスは、不要なプログラムや類似性の高いプログラム(コードクローン)をツールの活用によって洗い出し、削除・整理します。

リホスト 〜既存システム資産をそのまま利用する手法〜

互換性のあるミドルウェアやエミュレーションを利用して既存アプリケーションをそのまま利用する手法です。移行費用を押さえつつ短期にインフラを刷新したい要望に応えることができます。

リホストコンバージョン

レガシマイグレーション支援ソリューション
業務/プログラムに関するドキュメント整備とシステムのホワイトボックス化を図ります。
サーバー移行支援ソリューション
OS(AIX、HP-UX、Solarisなど)上のプログラムの効率的な移行を支援します。
サーバー移行支援ソリューションの概要については、下記のリーフレットを参照ください。
COBOL活用ソリューション
既存COBOL資産のシステム・モダナイゼーションによる有効活用を支援し、コスト削減を実現します。
COBOL活用ソリューションの概要については、下記のリーフレットを参照ください。

リホストエミュレーション

メインフレームリホスティングソリューション
Tmax OpenFrame*の導入により、プロラグムの修正は殆ど行わずそのままオープンシステムに移行します。
*
Tmax OpenFrameは、TmaxSoft Co. Ltd.の登録商標です。

リライト 〜変換ツールでコードを他言語に書き換える手法〜

既存のプログラムを変換ツールで他言語に書き換えて、移行を実施する手法です。開発・保守の環境を含め、新しい言語に統一したい要望に応えることができます。

言語リニューアルサービス
将来性のあるオープン系言語へ、高い機械変換率による高品質な言語リニューアルを実現します。
(PL/I→COBOL、COBOL→Java等)

リビルド 〜既存システムの業務仕様を再実装する手法〜

既存システムの仕様を生かし、再実装する手法です。移行の手法としては最も自由度が高く、非機能要件に対し、最適な設計/実装の選択が可能ですが、最もコストがかかります。

COBOLマイグレーションサービス
現行分析から構築までサポートすることにより、COBOLからJavaへの再構築型の移行を実現します。BRMS*の導入で保守性を向上すると共に、利用状況を分析し業務上の課題を抽出することで、移行後の継続的な業務改善を支援します。
*
BRMS(Business Rule Management System):ルールとして定義した業務上の判断をアプリケーションから呼び出して実行する仕組み。