ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

メインフレーム連携ソリューション

既存のメインフレームシステムとオープンシステムとの連携の実現を支援します。

メインフレーム連携ソリューションとは

メインフレーム連携ソリューション概要

変化するビジネスへの迅速な対応が重要となり、業務のノウハウが蓄積されたメインフレーム上の資産に対するオープン化のニーズが高まっています。既存システムの業務を新たに再構築してオープン化を進める場合、再構築を段階的に進め、その途中の段階では新規部分と既存部分を連携させて業務を継続することが必要となります。また、変化に迅速に対応できるシステムを低コストで実現する場合、既存資産を残して再利用し、必要最低限の部分のみオープン化し連携させることも可能です。
本ソリューションでは、ミドルウェアを利用してメインフレームと連携し、既存資産を活用しながら業務を実現するITシステムの構築を支援します。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:既存システムを新たなビジネスに対応したい

【現状】既存システムを新たな業務へ対応するためには多大なコストが必要

既存システム:オープンシステムとの業務連携が困難、作業場所が限定

メインフレームシステムの既存業務はオープンシステムとの連携が困難であり、また特定の専用端末または端末エミュレータをインストールしたPCなど作業場所が限られることから、新たな業務への対応は難しく、対応するためには多大なコストが必要となります。

【解決】適材適所で組み合わせた全体最適なシステム

既存オンライン業務をWeb化、既存業務からWebサービスを利用、既存業務をサービスとして利用

SOA基盤(uCosminexus Service Platform)に接続することで、メインフレームシステムの既存業務に大きな変更を加えることなく、既存業務をサービスとして活用したり、既存の業務から他のシステムをサービスとして利用することが可能になります。
また、要件に応じて用意されている各種の連携用製品を用いることで、既存業務のWeb化も実現できます。
これにより、既存業務を適材適所で活用しながら全体最適なシステムを構築し、新しい業務の構築や業務変化への対応を迅速に行うことが可能となります。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
連携 システム間連携基盤 uCosminexus Service Platform
オンライン Javaアプリケーション実行基盤 uCosminexus Application Server
メインフレーム連携 基幹オンライン C/S560