ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

COBOL活用ソリューション

既存COBOL資産のシステム・モダナイゼーションによる有効活用を支援し、コスト削減を実現します。
マイグレーションによるオープンシステムへの移行やWebシステムとの連携による既存COBOL業務のWeb化を行います。

COBOL活用ソリューションとは

「COBOLシステムの移行」「既存COBOLシステムとWebシステムとの連携」

本ソリューションでは、業務ノウハウが蓄積されたCOBOL資産を有効活用するために、移行(マイグレーション)やWebシステムとの連携(Web化)を支援しコスト削減を実現します。また、効率よくシステムの更改ができるよう、他のミドルウェア ソリューションとも連携します。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題1:COBOLシステムの運用コストを削減したい

【現状】COBOLを利用する場合、高額な運用コストや開発人員不足などの課題に悩まされる

COBOL資産の継続活用のために運用コストを削減したい

メインフレームシステムやUNIXシステム上で、COBOLを利用する場合、毎年発生する高額な運用コストや開発人員不足などの課題があります。
COBOL資産を今後も活用できるようにするためには、より運用コストを抑え人員確保が容易なオープンシステムへ移行する必要があります。

【解決】COBOLシステムをオープンシステムへ移行

オープンシステムへの移行により運用コスト削減」「システム運用の効率化を実現」「システム変更・拡張の柔軟性の確保」「導入教育・ソース解析支援によるスムーズな移行」

COBOLで実装された業務システムをオープンシステムへ移行する際、下記の支援により課題を解決します。

  • JP1/Automatic Job Management System 3、uCosminexus Batch Job Execution Serverなどとの連携により運用コストの削減を支援
  • 導入教育やCOBOLソース解析支援(プログラム使用頻度やデッドコードの評価)によるスムーズな移行支援

これにより、長年の業務ノウハウが蓄積したCOBOL資産を活用しつつ、オープンなシステムへスムーズに移行することが可能となります。さらに、オープンな世界は、開発ツール・製品が充実しており、開発人員も確保できるため、システムエンハンスが容易になり、柔軟性を確保できます。これにより、"攻めの体勢"にシフトすることができます。

課題2:COBOLシステムの利便性を向上したい

【現状】既存のCOBOLシステムを利用する場合、専用端末からしか使えないことがあり不便

COBOLシステムを手軽に利用できるようにしたい

メインフレームシステムやUNIXシステム上でCOBOLシステムを利用する場合、専用端末からしか使えず、手軽に利用することができません。

【解決】Web化により利便性向上

Web化による利便性向上

COBOLで実装された業務システムを下記の支援によりWebシステムと連携し、Web化します。

  • uCosminexus Application ServerやuCosminexus OpenTP1などとの連携により、Javaや.NETで実装するWebシステムの導入を支援
  • 文字コード対応サービスにより、異なるコード体系を持つWebシステムとの連携を実現

これにより、長年の業務ノウハウが蓄積したCOBOL資産を活用しつつ、Webシステムとの連携によるWeb化が可能となります。

紹介リーフレット

COBOL活用ソリューションの詳細については、下記のリーフレットをご参照ください。

サービス一覧

ミドルウェア活用スターターサービス

ミドルウェア活用スターターサービス
A.問い合わせ対応(製品導入前の問い合わせ)
COBOL2002の導入を検討されている場合、システムにあった使用方法、機能などについて、問い合わせ対応を行います。
B.体験教育
COBOL2002の基本的な知識をご提供します。
プラットフォーム移行では、アーキテクチャ、言語仕様差などニーズに合わせてご紹介します。
C.移行性調査
COBOLプログラム資産のプラットフォーム移行、メインフレームからのオープン化、他社製品からの移行時の影響調査して、定量的に報告します。サーバー移行支援ソリューションをご利用ください。

ミドルウェア活用テクニカルサービス

ミドルウェア活用テクニカルサービス
D.技術教育
COBOL2002をより有効に活用する情報を専門の技術者が解説します。
E.システム設計レビュー支援
プログラム構築の際のCOBOL2002の設定等のレビューの支援をします。
F.問い合せ対応(製品導入後の問い合わせ)
COBOL2002を使用してシステムを構築する際に生じる疑問点・不明点の問い合わせに対応します。
他社COBOLからの移行方法についても対応します。
G.オンサイト立会い
問題が発生した場合の即時対応と資料取得支援を行います。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
言語 COBOL言語 COBOL2002
オンライン Javaアプリケーション実行基盤 uCosminexus Application Server
トランザクションマネージャ uCosminexus OpenTP1
運用管理 ジョブスケジューラ JP1/Automatic Job Management System 3
バッチ バッチジョブ実行基盤 uCosminexus Batch Job Execution Server