ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

統合認証基盤・ID管理基盤ソリューション

ID・パスワードの認証を統合し、快適で安全なシングルサイオンを実現します。
マイナンバー対応などで、利用する社内の業務システムやクラウド上のサービスが増えて個々のID・パスワードの管理が大変になっても、安心して対応することができます。

統合認証基盤・ID管理基盤ソリューションとは

<統合認証基盤>

統合認証基盤ソリューションのイメージ

シングルサインオンの公開仕様であるSAMLに対応したシングルサインオンの実現を支援するソリューションです。
一度ログインすれば、システムごとにログインを意識することなく、システムを利用することができ、SAMLに対応した、クラウドサービスとの連携も可能になります。
ID・パスワードによる認証の他にも、様々な認証方式にも対応できるようになり、セキュリティのレベルアップも図れます。

*
SAML: Security Assertion Markup Language

<ID管理基盤>

ID管理とは、権限を持った人だけが必要な情報にアクセスできるよう、利用者情報とアクセス権ポリシーを一元的に管理し、ルールがきちんと守られていることを監査できる仕組、つまり、利用者の職務分掌及び職務権限を管理、証明する仕組です。

ID管理基盤を導入することで、システムのユーザID、権限の一元管理によるIT全般統制を実現します。

これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:業務システムを改修せず、シングルサインオンを実現したい

【現状】 社内の業務システムやクラウド上のSaaSなどへのログインが面倒

システム利用者「システム毎に何度もログインするのは時間もかかり、不便」、システム管理者「乱立するシステム毎にIDが異なるが今すぐ統一なんて難しいし...クラウドにも対応しなきゃいけないのに社内に閉じたシングルサインオンのままでは....」

社内には複数の業務システムが存在し、クラウド上のSaaSを利用するケースも増えるなか、利用者は異なるIDで何度もログインしなければならず、利便性が低下しています。しかし、業務システムを改修してIDを統一することは難しい上、クラウド上のSaaSを、こちらのIDの仕様に合わせて改修することはできません。

【解決】 統合認証基盤導入によるシングルサイオンの実現

【解決】 統合認証基盤導入によるシングルサイオンの実現

SAMLに対応したuCosminexus Secure Unify - SSOで統合認証基盤を構築することにより、一度、統合認証基盤にログインすれば、 システムごとのログインを意識することなく複数のシステムを利用できるようになります。SAMLプロトコルによって認証情報が引き継がれるため、オンプレミスとクラウド、他社のパブリッククラウド上のサービスなど、SAMLに対応した各種システム(Shibboleth等)とのシングルサインオンを、業務システムの改修なしに実現できます。
さらに認証プラグインを追加することにより、指静脈認証やICカード/証明書認証などの強固なセキュリティに対応することが可能です。
また、利用者数に応じてシステムをスケールアウトできるため、大規模なシステムにおいても十分な性能を確保できます。

以下のような課題を解決することもできます。

  1. セキュリティの問題(マイナンバー、情報漏えい対策、個人情報保護法対応)
  2. 運用の問題(運用負荷の拡大)
  3. 内部統制への対応(IT全般統制への対応)

関連事例

基幹システムや情報系システムを増設するたびに増える、アカウントIDの管理の労力と時間を減らすために、導入した事例をご紹介します。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
セキュリティ シングルサインオン uCosminexus Secure Unifty - SSO
ID・アクセス権統合管理基盤 SR-Account