ページの本文へ

Hitachi

ミドルウェア ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。ミドルウェア ソリューション サイトのトップページはこちら。

アプリケーション基盤共通化ソリューション

アプリケーションの開発・実行環境を標準化し、アプリケーション開発の生産性向上と運用などの工数軽減を実現します。

アプリケーション基盤共通化ソリューションとは

アプリケーション基盤共通化イメージ

アプリケーション開発・実行環境を担うミドルウェアを標準化したテンプレートを導入することで、複数の業務システムの開発生産性や運用効率の向上を図ります。 サーバー統合により、物理環境・仮想化基盤・運用管理基盤を導入した上で、さらなる効率向上を目指す場合は、アプリケーション基盤の導入がおススメです。
これらの支援はミドルウェア活用スターターサービス、ミドルウェア活用テクニカルサービスとして提供されます。

課題:アプリケーション開発・実行環境の個別最適

【現状】アプリケーション開発・実行環境の個別最適による運用効率や生産性の低下

個別最適なシステム→開発・実行環境がバラバラなので、運用効率・生産性が悪い

業務ごとに個別最適なシステムでは、アプリケーションの開発・実行環境がシステムごとに異なる場合があります。その場合、それぞれのシステムで開発・実行環境を構築したり、アプリケーションの開発方法や運用手順を変えなければならないため、運用効率や生産性があがりません。

【解決】アプリケーション基盤の標準化による運用効率や生産性の向上

アプリケーションの開発・実行環境を標準化することで、全社開発標準を策定することができ、アプリケーションの開発生産性を向上させることができます。また、ミドルウェアが統一されるので、運用効率も向上します。

下記の図は、共通基盤全体の図です。PaaS基盤を活用すると、アプリケーション基盤を容易に構築できます。

全体最適なシステム 全社開発標準の策定による生産性の向上 標準化された構成のテンプレート化により、構築の手間を削減し運用効率も向上

Hitachi IT System Configuration Managerを利用して標準化されたシステム構成をテンプレート化しておくと、必要なときにただちにアプリケーション開発・実行環境を構築することができるようになります。さらにJP1/Automatic Operationとの連携により、システム構築やJP1監視設定の自動化、GUIによる操作性向上や実行状況の可視化などが可能になります。

APサーバ(uCosminexus Application Server)、DBサーバ(HiRDB)では、認証機能による不正アクセスの防止や、監査ログ、監査証跡の取得による監査への対応が可能です。

サービス例

ミドルウェア活用スターターサービス

検討支援
業務におけるアプリケーション基盤適用のアセスメントなどを行います。
検証支援
アプリケーション基盤適用の実機評価のためのプロトタイプ作成や技術支援などを行います。
導入支援
アプリケーション基盤適用の手順の提示などを行います。

ミドルウェア活用テクニカルサービス

導入教育
アプリケーション基盤の導入における教育を実施します。
構築支援
アプリケーション基盤の環境構築を支援します。
問合せ対応
システム構築、環境設定を行う時に生じる疑問点・不明点に対して、メールで回答します。

説明資料

仮想化・クラウド導入におけるシステム上の課題として、運用管理コストの増大がよく挙げられています。システムの品質を維持しつつ、運用管理コストを削減するには、「ミドルウェア共通化」がおススメです。是非ご参照ください。
*
ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービス、Hitachi IT Platform Magazineメールに登録する必要があります。

関連事例

段階的に利用できるスケーラビリティ、サービスレベルの高い業務に安心して使える安定性などを高く評価し、導入していただいた事例です。

関連製品一覧

関連製品一覧
分類 機能 製品・ソリューション
運用管理 システム構築支援基盤 Hitachi IT System Configuration Manager
IT運用自動化 JP1/Automatic Operation
オンライン Javaアプリケーション実行基盤 uCosminexus Application Server
ファイル、データ系 データベース HiRDB
バッチ バッチジョブ実行基盤 uCosminexus Batch Job Execution Server
言語 COBOL言語 COBOL2002
プラットフォーム 仮想化 VMware