本文へジャンプ

Hitachi

HP-UX版 01-00、01-10、02-00、02-00-/Aご利用時の注意事項

現象

Auto-Port Aggregation(以降、APA)を設定しているシステムで IT Report Utility(システム情報採取ツール:以降、ITRU)のsystoruコマンドを実行すると、 その延長でlanadmin(1M)コマンドが動作し、コアダンプすることがあります。
(ITRUは、コアダンプするlanadmin(1M)コマンドの実行結果以外の情報は正常に採取します)

重要度

B

対象バージョン

  • P-1B1Z-1111 01-00
  • P-1B1Z-1111 01-10
  • P-1B1Z-1111 02-00
  • P-1B1Z-1111 02-00-/A

発生条件

次の条件のすべてに該当する場合に発生します。

  1. APAの2015年3月版をインストールしている。
    (本現象はAPAの2015年3月版の不具合により発生します)
  2. APAを設定している。
  3. 対象バージョンのITRUのsystoruコマンドを実行する。

対策

APAの2015年5月版で対策されています。
APAの2015年5月版以降のアップデートを適用してください。

APAの2015年5月版のバージョンはB.11.31.1505です。
入手方法については、HP-UXのサポートにお問い合わせください。

APAの2015年3月版がインストールされているか確認する方法

次のコマンドで確認できます。

# swlist | grep -i auto-port

(出力例)

J4240AA            B.11.31.1503   Auto-Port Aggregation Software

上記の2列目にB.11.31.1503と表示された場合、APAの2015年3月版がインストールされています。

APAが設定されているか確認する方法

次のコマンドで確認できます。

# nwmgr

(出力例)

Name/          Interface Station          Sub-   Interface      Related
ClassInstance  State     Address        system   Type           Interface
============== ========= ============== ======== ============== =========
lan0           UP        0x1CC1DE4016E8 iexgbe   10GBASE-KR     lan900
lan1           UP        0x1CC1DE4016EC iexgbe   10GBASE-KR
lan2           UP        0x1CC1DE4016F0 iexgbe   10GBASE-KR     lan900
lan900         UP        0x1CC1DE4016E8 hp_apa   hp_apa

上記のRelated Interfaceの列に文字列(出力例ではlan900)が一つ以上表示される場合、APAは設定されています。
Related Interfaceの列に文字列が一つも表示されない場合、APAは設定されていません。

重要度の説明

本ツールでは次の基準にしたがって重要度を記載します。

【重要度の定義】
該当する問題が発生した場合の業務へ与える影響度の目安を示します。
次に示した基準にしたがって5段階に分類しています。

AAA 業務システムの運用が停止し、発生頻度が高い。
AA 業務システムの運用が停止するおそれがある。
A 業務システムの運用が停止するおそれはほとんどない。
B 業務システムの運用に与える影響が少ない。
C 業務システムの運用に与える影響はほとんどない。