本文へジャンプ

Hitachi

HP-UX版 01-10、02-00ご利用時の注意事項

現象

テープデバイスを接続しているシステムでIT Report Utility(システム情報採取ツール:以降ITRU)のsystoruコマンドを実行すると、その延長でscsimgr(1M)コマンドが動作し、テープデバイスに対してオープンとクローズが実行されます。このクローズ時にテープが巻き戻されるため、テープへのアクセス失敗や上書きによるデータ喪失などが発生するおそれがあります。

複数サーバでテープドライブを共有している場合

一方のサーバでテープを使用した業務中に、他方のサーバからITRUのsystoruコマンドの実行により巻き戻されると、業務中のテープデバイスに対するアクセスが失敗します。

自動巻き戻し機能がないデバイススペシャルファイル *1を使用している場合

このデバイススペシャルファイルを使用する運用は、次回のアクセス時のテープの位置は最後にアクセスした位置から変化しないことを期待していると想定されます。
ITRUのsystoruコマンドの実行によって巻き戻されるとテープ位置が先頭となり、期待した運用ができなくなるおそれがあります。
特に、テープ中のデータの終端に追加する形で書き込みをしていく運用の場合には、巻き戻しによりテープの開始位置が先頭になると、すでに書いたデータを上書きすることでデータが失われることになります。

*1
テープのデバイススペシャルファイルには、クローズ後の自動巻き戻し機能があるものとないものがあります。
[自動巻き戻し機能があるデバイススペシャルファイル]
    /dev/rtape/tapeXX_BEST
    /dev/rtape/tapeXX_BESTb
[自動巻き戻し機能がないデバイススペシャルファイル]
    /dev/rtape/tapeXX_BESTn
    /dev/rtape/tapeXX_BESTnb

重要度

AAA

対象バージョン

  • P-1B1Z-1111 01-10
  • P-1B1Z-1111 02-00

発生条件

次の条件のすべてに該当する場合に、本現象が発生することがあります。

  1. HP-UX 11i v3を使用している。
  2. システムにテープデバイスが接続されている。
  3. テープデバイスの状態が、次のどちらかに該当する。
    1. 複数サーバでテープデバイスを共有しており、他のどれかのサーバでテープデバイスを使用している。
    2. テープデバイス中のテープの開始位置が先頭以外になっている。
  4. norewind_close_disabledパラメータ *2の設定が0(デフォルト)である。
  5. 対象バージョンのITRUのsystoruコマンドを実行する。
*2
norewind_close_disabledパラメータの設定の確認方法は、norewind_close_disabledパラメータの確認方法を参照してください。

回避策

テープデバイスの使用状況を確認し、発生条件に該当しないことが確認できた上で、ITRUのsystoruコマンドを実行してください。

修正版

  • P-1B1Z-1111 02-00-/A

norewind_close_disabledパラメータの確認方法

scsimgr(1M)コマンドでnorewind_close_disabledパラメータを確認することができます。
次の実行例に従い、確認してください。
このscsimgr(1M)コマンドのオプションでは、テープが巻き戻されることはありません。

(実行例)

# /usr/sbin/scsimgr get_attr -d estape
  :
name = norewind_close_disabled
current = 0
default = 0
saved =
  :

current = の表示(現在の設定値)を確認します。
上記例では現在の設定値(current)は0であり、発生条件の4に該当します。

重要度の説明

本ツールでは次の基準にしたがって重要度を記載します。

【重要度の定義】
該当する問題が発生した場合の業務へ与える影響度の目安を示します。
次に示した基準にしたがって5段階に分類しています。

AAA 業務システムの運用が停止し、発生頻度が高い。
AA 業務システムの運用が停止するおそれがある。
A 業務システムの運用が停止するおそれはほとんどない。
B 業務システムの運用に与える影響が少ない。
C 業務システムの運用に与える影響はほとんどない。