本文へジャンプ

Hitachi

HP-UX版ご利用時の注意と改良版リリースのお知らせ

ご利用時の注意

システム情報採取ツール(HP-UX版) 01-00では、Serviceguard A.11.20をインストールされたシステムにおいて、クラスタのパッケージ構成情報の採取はできません。
Serviceguardクラスタを構築した環境でシステム情報採取ツールをご使用される場合は、下記にご紹介する改良版への入れ替えをお願いします。

発行ツール名称

品名 システム情報採取ツール
形名 P-1B1Z-1111
バージョン 01-10
 

修正内容および機能追加・変更内容

01-10での修正内容および機能追加・変更内容は次のとおりです。

修正内容

  1. HP Serviceguard A.11.20がインストールされたシステムにおいて、クラスタのパッケージ構成情報を採取できるようにしました。
    Serviceguardクラスタを構築した環境でシステム情報採取ツールをご使用される場合は本バージョンへの入れ替えをお願いします。

機能追加・変更内容

  1. 採取する資料を追加しました(詳細は取扱説明書を参照)。
  2. 「日立サポート360」のオプションサービスである「ソフトウェア環境ヘルスチェックオプション」に関する資料を採取する機能を追加しました。
  3. 採取資料の採取形態がアーカイブファイルの場合のメッセージ
    「KAIS306-I:The archive file has not been compressed. Use a following file as is.」
    を追加しました。