Hitachi

株式会社 エースリー

JP1 テクニカルパートナー

会社概要

(株)エースリーは、創業来20年余にわたり、中央官庁の大規模システムを中心として、運用管理業務に携わっております。
近年は、iDCに関わる運用業務が増えており、ITILをベースとした運用管理手法で、品質・生産性向上、業務の効率化に努めております。また、各プロジェクトにおいて、KPI/SLAを設定し、業務改善・改革に積極的に取り組んでおります。プロセスの自動化・システム化については、JP1を中心とした、各種ツールを用い、お客様にとってより最適なソリューションを提供します。
更に、独自の管理手法、教育訓練、プロジェクト支援体制により、長期的に安定したソリューションの提供が可能です。
これは、発注業者入替えにおいても、安全で、ストレスのない、スムーズな引き継ぎが可能であり、業者入替えによるリスク軽減、コスト削減にきっとお役に立てます。

テクニカル事例

「某金融向け情報系システムへのJP1統合運用管理システム導入」

某金融系の情報系システムにJP1を導入し、ジョブ管理・ログ監視・ネットワーク監視・プロセス/リソース監視の統合運用管理環境を構築。運用管理端末から各サーバを一元管理し、障害(問題)発生時にはパトランプ鳴動とメール通知で確実に管理者へ有事を伝えます。
JP1製品の機能をフルに活かしたシステムで、かつ、運用管理コストと人的リソースを軽減するシステムを構築しました。
WindowsとSolarisのマルチプラットフォームであり、クラスタ(MSFC)も導入されている複雑なOS環境です。また、導入するJP1製品も多岐に渡りましたが、エースリーは様々なOSでのJP1構築経験が豊富にあります。お客様がご要望する環境で、各種JP1製品の設計から構築、そして運用まで一貫してできる技術とノウハウをエースリーは持っています。

株式会社 エースリー

問い合わせ先

株式会社 エースリー

担当部署:運用管理部
TEL:03-6435-0061
FAX:03-6435-0063