Hitachi

製品概要

パスを可視化して視覚的な管理・監視・分析を実現するMPLSネットワーク監視ソリューション

Hexaは、MPLSネットワークの視覚的なパス管理を実現するネットワーク監視ソリューションです。
MPLSネットワークはこれまでキャリアや東京証券取引所等信頼性の高いサービスを提供するために採用されており、最近ではDR(Disaster Recovery)の一環としてデータセンタ間接続の信頼性を向上するためや、拠点間を結ぶためのコアネットワークに採用されています。
一方JP1はデータセンタ内のネットワーク監視に利用されることが多く、JP1でネットワーク機器の監視、Hexaでパスの監視を行えます。
今までJP1で監視出来ていなかったネットワークサービスパスや予備回線(バックアップパス)を可視化(見える化)して状態管理することで、確実かつスケーラブルな管理を実現可能になります。

Hexa連携概要図

標準価格

Hexa:オープン価格

連携するJP1製品

JP1/Cm2/Network Node Manager V9、V10

問い合わせ先

株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ