ページの本文へ

Hitachi

Open Middleware Report Web

一貫性をあきらめない!

いま紹介してきたのは、ある意味「分散KVS」というソリューションには不可欠な機能なんだけど、実はこれこそ日立のこだわりっていう3つめの特長があるんだよ。

梅田先生

えっ、なんですかそれ!
教えてください!

みどるちゃん

それはね、世の中の一般的な「分散KVS」が苦手とする「データの一貫性」をきちんと保証できるということなんだ。
世界的に有名な分散システムの論文に「CAP定理」というものがあるんだ。
これは、データの参照に矛盾を生じさせない「一貫性(Consistency)」、サーバ障害やネットワーク障害が起きてもシステムを安定して稼働させる「可用性(Availability)」、ネットワーク分断でシステムが分散しても機能継続できる「分断耐性(Partition-tolerance)」の3つの要素で、同時に3つ全てを完璧に成立させるのはむずかしく、これら各要素をどこまで成立させるかのバランスを考える必要がある。
Pは分散システムに必須として、市場に出ている多くの製品は、CよりもAを重視したものが多いけど、日立はそこにCを完璧に成立させることをあきらめなかったんだ。

松本先生

CAPのすべてをあきらめなかった!
そこの部分、くわしく教えて下さい!

みどるちゃん

よし、そうこなくちゃ!
一般的な分散KVSだとデータを更新した直後、そのデータを書き込んだサーバとは別のサーバに対して読み出し処理が行われた場合、更新される前の古いデータを返してしまう可能性がある。
例えば、SNSでみどるちゃんがアップしたおやつの最新写真が、ある友達ではすぐに表示がされなかったとしても問題にならないけど、日立が手掛けるものは、社会インフラを担うシステムが多いから、そういった一貫性に乱れがあるリスクは絶対に許されないんだ。
いま実際にEADsのシステムを使っていただいている携帯電話キャリアのお客さまからも、「メールや課金情報は絶対守って欲しい。そのためには常にデータの一貫性が不可欠」というご要望をいただいていたしね。
だからわれわれも一生懸命がんばって、データの一貫性を100%保証しながら、大量のリクエストを高速に処理できる最新版のEADsを完成させたんだ。

梅田先生

そのためには「パクソス(Paxos)」という分散合意アルゴリズムの仕掛けを実装する、とても難しい技術が必要だったんだけど、ホントあのときはなあ…

松本先生

どうしたんですか、松本先生!
ぼんやり遠い目になってますけど…

みどるちゃん

パクソスを実装するにはとんでもなくむずかしい論文を完璧に理解しないといけなかった。
みんな受験勉強みたいに徹底的に読み込んで、あーだこーだと議論したよね。
とにかく開発の際にはみんな休み返上でがんばったってこと。
その甲斐あって、厳しいお客さまの要求に自信を持って応えられるミドルウェアを作り上げることができたんだ。

梅田先生

ホント大変だったんですね…
スゴイ、パチパチ!

みどるちゃん

あなたのちかくのEADSだよ!

ところでEADsは、どんなお仕事で使われているんですか?

みどるちゃん

さっきも少し話したけど、ある携帯電話キャリアのお客さまのメールシステムに適用されてるよ。

梅田先生

ケータイメール?

みどるちゃん

そう。
たとえばお正月に一気に量が増える「あけおめメール」の配信でも、メールシステムの安定稼働に貢献したし、電力会社のスマートメーターから配信されてくる検針値の収集にも活躍している。
一人ひとりのお客さまに対して、大切なメールを確実に届けたり、間違いのない課金を行うためのシステムだから、EADsが備える一貫性の保証がとても喜ばれているんだ。
あとは植物工場生産支援クラウドサービスとして、植物工場内の日射量、温度、湿度、養分、pH、等の生育環境のデータ収集・管理でも役立っている。

松本先生

インターネットトレードなどの用途では、特定銘柄にアクセスが集中するとシステムのレスポンスが遅くなる。
そこで、取引として実行するデータベースの更新処理をEADsに分離するとアプリケーションのボトルネックを大幅に解消できる。
また、走っているクルマから発信されるプローブ情報、世界各地で稼働する機械や設備からのセンサーデータといった、モノから発生するデータの活用を考えていく分野では、今後さらに情報量が増えてくる。
そんな場面ではEADsの後ろに日立のRDBMSやストリームデータ処理製品を組み合わせれば、膨大なデータをリアルタイムに処理・分析することが可能となるよ。

梅田先生

EADsは、いろんな場面で活躍できるんですね。

みどるちゃん

本当はもっといろいろ話したいことがあったんだけど、それはまたの機会にね。
データベースって本当に面白い世界なんだよ。

松本先生

私も次にお会いするまでに、もっともっとデータベースのこと勉強しておきます。
またよろしくお願いします!

みどるちゃん

3ページ中3ページ